1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 12:32:19.88 ID:CAP_USER.net
「運命」という言葉があります。仕事、結婚、住む場所…。それは自分の意思で決めているのでしょうか、それともすでに決まっているのでしょうか?日々の自分の行動は、本当に自分の意思で決めているのでしょうか?人間の「自由意志」という哲学的な問題について、3人の科学者たちの見解をご紹介します。

1. 神経科学者-自分の意思より先に、脳がすでに決定している

オックスフォードの数学者マーカス・デュ・ソートイ教授は、人間に「自由意思」はないと考える。自分が何をしようかと意識するより前に、すでに脳が本人の意思情報をキャッチし、人間を活動させているというのだ。

彼は、自分の脳をスキャンするという、最もシンプルなテストを実施した。両手にボタンを持ち、ある時は右手で押し、ある時は左手で押す。その一瞬の決定は、彼の意思によるものか、それとも脳が彼を動かしているのか。脳スキャンを見れば、それが一目瞭然だとソートイ教授は考えた。

すると、意外な結果が出た。ソートイ教授がどちらにするのかという「決定」を意識する6秒も前に、すでに彼の脳の一部が活発になったのだ。ソートイ教授が左手を選ぼうとすると、その前にある部分の脳が活発になり、右手を選ぼうとすると、すでに別の部分が活発になっているという。

ソートイ教授によれば、彼は自分が意思をコントロールしていないように感じるという。なぜならば、彼自身が何かを示唆する前に、すでにその脳の部分がどちらにするのかを決定しているからだ。

2. 物理学者―人生には不確かな部分がある

哲学の世界には、決定論と非決定論という二つの相反する理論がある。決定論というのは、人間の行為をも含めて あらゆる事象、出来事がなんらかの原因によってあらかじめ決められているとする考え方。「神はサイコロを振らない」と言ったアインシュタインが擁護した概念だ。

それに対し、物理学者のミチオ・カク氏は決定論に対して異論を唱える。アインシュタインの考え方に従えば、大量虐殺者でさえもすでに何百年も前から決まっていることになる。

カク氏は、「アインシュタインは間違っている」と言う。「電子を見ると、それはいつも動いている。電子の位置に関して言えば、不確実性がある」と話す。

カク氏によれば、人間も同様に不確実性がある。カク氏は、「自分の過去をベースにして、誰も、自分の未来を決定することはできない」と話す。

3. 「必然」というより、「避けられなかった」というべき―哲学者

アメリカの哲学者であり、認知科学者のダニエル・クレメント・デネット氏(Daniel Clement Dennett)は、決定論は常に「必然」という言葉と密接に繋がっていると考える。

デネット氏によれば、「必然」とはつまり、「避けられないこと」。彼は、必然に見える事象について、次のように考える。例えば、人間は、自分に向けて投げられた石とか槍とかをとっさによけることはできても、落雷は避けられないかもしれない。これらの現象を「必然」と「偶然」に分けることができるとすれば、全てが「必然」とは言えないのではないか。

デネット氏は、自由意志があるのか、また未来はすでに決定されているのかについては、いまだパラドックスが存在すると話している。

http://www.epochtimes.jp/2016/03/25428.html

引用元: ・【哲学】人間に「自由意思」はあるのか

2: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 12:33:51.63 ID:BLSawHQb.net
>自分の意思より先に、脳がすでに決定している

このとらえかたは、とても新鮮だ

3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 12:36:11.12 ID:IPGGNGGh.net
本能で行動する女は確かに

5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 12:38:18.50 ID:bCWcKmlx.net
ブラック企業下では不可能

6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 12:39:22.92 ID:+pdPIikp.net
「自由意志」はあるのかないのかを決定する自由を我々は持っているのか?

8: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 12:42:28.20 ID:q+z7Gv1i.net
>>6
そう思うか否かは脳がすでに決定している。。

7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 12:39:58.87 ID:oabczXfM.net
1.
リベットのマインドタイムでないの?
アレなら6秒でなく0.5秒前だけど。
2.
不確定性原理。今更主張する程の内容じゃなく、科学的事実。
3.
どーでもいい

9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 12:42:30.52 ID:DQy0mXDn.net
全ては夢
分子が集まっただけで生物とかも勘違い

11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 12:50:44.31 ID:0u0u/TXI.net
ただ運命論に傾き過ぎると人は駄目になる。みんな毎日を
しらふで生きているんだからね。歴史だって自由意思が
あることを前提にしないと成立しない学問だしな。

12: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 12:52:01.44 ID:fcCbSS+x.net
自由意思は無い。
自由感はあるが、単なる錯覚。

13: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 12:55:13.40 ID:fcCbSS+x.net
決定論が正しかろうが、非決定論が正しかろうが、未来を知ることが不可能ならば、同じこと。
量子力学なら勿論、古典物理の範囲でも複雑系がある以上、未来を知る理論は存在しない。

20: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:10:38.63 ID:DaqcItCH.net
魂が有るのなら自我も有るんじゃないかなあ
死んで終わりの生命に自由も運命も無いと思うがね

22: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:12:53.76 ID:n/CsqQjl.net
自由で社会秩序崩壊

23: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:17:57.80 ID:DaqcItCH.net
そこの脳を観察してるのは何処の脳なんでしょうかね
俺は五感頼みの物質主義は嫌いだなあ
みんなが同じ世界を見てるとでも信じているのか

科学ってのはホントに人間の共有物でしかない
個人主義とか自由主義とかは消滅してく学問だよ

24: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:19:26.99 ID:fcCbSS+x.net
今のところ、物理学でもっとも強力な法則は、
「これがあるから、これがある。これがなければ、これがない」
だ。
勿論これは釈尊の言葉で、その素晴らしさは、この法則だけから人間が平安になれると
釈尊が実証したことだ。こんな物理学者は歴史上存在しない。

25: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:23:56.15 ID:DaqcItCH.net
科学に「自由意思」は無いのだw
故に科学から人間を見れば、人間に自由意思は無いように見える

昨今の哲学も、科学の婢派と神学の婢派で分かれているようだね

26: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:26:47.81 ID:CN2//K4k.net
脳の決定=自分の決定と違うの?

34: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:45:23.04 ID:SvguShAV.net
>>26
自由の脳と
自分の意思は
違うだろう

たとえば寝相は脳の命令によるものだが
決して意思の命令ではないはずだ

41: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 14:17:57.01 ID:CN2//K4k.net
>>34 寝相は無意識のものだろうね
意識的に選んだつもりでも実際は脳に選ばさせられていた(他の選択肢は重要ではないと思い込まされていた)って事もあるだろね

27: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:27:32.34 ID:fcCbSS+x.net
数学が世界を表現できることは自明ではない。
だからこそ、多くの物理学者や数学者が不思議がっているのだが、
完全に説明できた者はいない。 

危ういことだ。だから物理学の確からしさは実験やら実証が不可欠だ。

28: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:30:26.67 ID:fcCbSS+x.net
釈尊の重要な発見は「自由意志はさほど重要ではない」ということ。
「空」だからね。

だから科学や哲学の自由意志の議論は、釈尊からみれば戯れ言に過ぎない。

35: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:47:24.52 ID:SvguShAV.net
>>28
それはリュウジュじゃないの?

釈迦は、ああせいこうせい積極的に言ってなかったか?

37: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:54:31.47 ID:fcCbSS+x.net
>>35
大乗は釈尊を捏造したのか、ではなく釈尊を展開したのか?
龍樹の空は、釈尊の思想ではないのか? 龍樹の思想なのか?
釈尊の言葉として遺された言葉は、本当に釈尊の言葉なのか?
「これがあるから、これがある」は釈尊の言葉なのか、釈尊の思想なのか、誰かの捏造なのか?

なんとも言えない。

29: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:33:45.96 ID:jTCTpsqD.net
今のところ折衷主義的なところに落ち着けた感じ?

30: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:36:58.71 ID:XTnlBvlo.net
決めているというより、選んでいるのではないだろうか。

33: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:43:19.75 ID:fcCbSS+x.net
「人間は自由だ」は「人間は自由だと感じる」だし、
「意思決定は主体的だ」は「意思決定を主体的だと感じる」だ。
そのように感ずる機能は脳のどこかに存在するだろう。

人間が自由か否か、意思決定は主体的か否かとは、全く別なこと。

48: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 14:42:56.16 ID:CN2//K4k.net
>>33 なるほど 自由意思があると感じる機能は自分の行動を説明する必要がある、言語を使う社会的生物が持っている道具に過ぎないのかもね

36: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:49:01.47 ID:SvguShAV.net
自由意思について色んな見地から纏めた本ってないかな?
探したけど見付からないんだよね

38: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:56:15.31 ID:FIirIHGo.net
運命も自由意志も夢の中では本当だよ。
夢から覚めると両方とも偽りとなる。

39: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 13:57:14.93 ID:zRBzi5Zv.net
自由意思の存在が自己責任論の前提にあるから、自由意思はないということになれば自己責任論は前提を失う
「君が努力しなかったのは君が悪い」ということにはならない
人間の行動選択は誰のせいでもないことになる(しいて言えば、DNAと生育環境のせい)
そうすると、職場のサボリ君を責めることはできない
ベッキーやショーンKのような社会のルール違反者を責めることもできない
責めるとすれば、ベッキーのDNAと生育環境を責めることになる

自由意思がないとなると行動原理はロボットと同じだ
プログラムの通りに動いているだけ
感情がないわけではないから、プログラム人生が全然つまらないというわけでもないが
もどかしい思いやもがいている感じすらもプログラム通りと思うとバカバカしい

82: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 16:26:14.67 ID:YqpJAN2A.net
>>39
やられたほうが悪い、とは言いたくないけれども、最初の一歩目でドツボにはまるような経験をしたことのない人たちは自分は悪くないと言うんだろうね…

一歩目の恐ろしさを知っていたらホラッチョだろうがなんだほうが見抜けなかった自分が悪いになるんだろうけど

40: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 14:15:52.39 ID:4qlDaoSp.net
如何なる異論や反論の余地の無い完全な"自由意思"の定義をくれ
あやふやな定義が前提では、どんな結論でも出せる

42: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 14:33:15.15 ID:fcCbSS+x.net
>>40
自由意志の定義を定めることが、自由意志の議論の中心だろう。
定義が定まってたらとっくに結論は出ている。詰まらない結論だろうけど。

45: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 14:39:34.11 ID:zRBzi5Zv.net
>>40
意思は何かをしようという心
あるいは何かをしないでいようと
あるいはその中間とか

自由は自分が決定していること、逆から言えば、自分以外の要素によって決定されないこと
だから自由意思は引き算で考えた方が分かりやすい
意思形成にはDNA生育環境その他もろもろが強制的な影響を与える
意思を形成する要素から、DNAや生育環境やその他の周り(=自分以外)の強制力を差し引いたものが自由意思
その影響が100%だとすれば自由意思は存在しないということになる

43: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 14:36:16.68 ID:Z+3ANDjP.net
逆にその部位を刺激したら被験者の選択をコントロールできるのか試さないとな

44: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 14:36:43.06 ID:/7O43Lph.net
随意に関しては各所相談しながら動かしてるんだろうな
不随意はプログラムであり間接的にしか関与できないね

46: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 14:39:38.71 ID:I/EAvuol.net
癲癇患者つかった実験でも、そんな結論でてたよね。
結果にたいして、自分が選択したかのように理由を捏造する。

47: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 14:41:12.90 ID:MQf8AIbV.net
左を押すぞ!と思う前に脳のある部位が活発化している
つまり、脳が働いた後に意識が生じている

これが逆だった場合、
人は物理現象を起こさずにものを考えることができることになる

当然そんなことは不可能なわけだ

50: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 14:50:05.76 ID:UT7qKqLN.net
自由って何?

51: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 14:54:35.61 ID:fcCbSS+x.net
>>50
自分に由来しないものから規制されないこと。

では、自分って何?

53: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:06:21.06 ID:UT7qKqLN.net
>>51
自分とは、肉体・精神・魂から構成されているもの。
多摩恣意と何かって?考えるな、感じろ。

54: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:08:25.57 ID:fcCbSS+x.net
>>53
自分は無い。

52: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:06:04.67 ID:Jd3l2nWv.net
確実に言えるのは三つかな

一つは物理法則における地続きが人間でありその意識が「そう思う」という事象は物質同士の相互作用で科学反応を起こす事象と等しい
あるのはエントロピーの相互作用的複雑さの違いだけである

二つ目は必然か偶然かそれを確認する術は今の技術では不可能である
必然と偶然は相対を認知しイコールかそうでないかを識別出来なければどちらも成立しない概念
世界は相対と相互作用で成り立つにで自分の周りだけで考えたとしても量子レベルで全てのエントロピーを再現することは出来ない
そもそも地球圏だけで考えれるものでもない

最後に人間が自由意思はあると言えば自由意思はある
何故ならこれが個性であるので尊重すべきだからだ

人間は0と1の厳密さを求めるが都合良く自己矛盾も出来るもの
科学者以外は考える必要はないのかなと思う

56: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:17:39.37 ID:fcCbSS+x.net
DNAは単なるアーカイブで、日常行動とは直接関係ないし、ヒトの設計図ですらない。
アーカイブを参照し、解釈し、実行するアクターが必要だし、そのアクターが影響される
環境もDNAとは関係ない。

自由意志とDNAとは何の関係もない。

65: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:32:41.26 ID:hJk+gf0c.net
考えることはできても


考えることを決めることはできない



byアインシュタインちゃん

67: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:40:04.17 ID:sH+9G48U.net
神経科学者さんの解釈にちょっと疑問がある。
人間の意思より先に脳が活動するからというのは「意思」と「意識」の混同があるのでは?
意思が発現してそれをその本人が意識するのは多少誤差がある。
それだけのことでは?

71: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:51:44.11 ID:MQf8AIbV.net
>>67
「意思」を「意識」して操れなければ自由意思は無いことになりますね

69: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:45:13.15 ID:sH+9G48U.net
ニュートンもアインシュタインも唯神論者っぽい?
ニュートンは唯一神の強力な信奉者だったらしいね。
彼らは「この世は神がすべて決定している」と考えている。

しかし量子物理学によると「神でさえも細かいことまで決定できていない」
「それどころか、この世はミクロな世界の偶然の総合でしかない」
「必然性の起源は偶然にある」「よって神は存在しない」という結論になる?

73: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 15:57:41.52 ID:GDc7S/85.net
>>69 量子物理学によると「神でさえも細かいことまで決定できていない」

って、オレは哲学のことはよく解らないが、量子物理学のことなら解る。
君は誤解してるが、量子物理学の不確定性原理を、君は誤って理解してる。

物事は確立でしか決まらないのではなく、決める時に確立が入り込むだけなんだ。
物事の「本質」は要するに波なんだが、それは確立ではなくちゃんと存在してるのだ。

相変わらず、量子物理学について、いい加減な説明をする人が居るので頭が痛い。

77: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 16:12:22.26 ID:BSCB35aj.net
はいはいお決まりのコピペを張りますよw(^o^)

ある国を詩人と古典物理学者と数学者と量子物理学者と哲学者と羊飼いと生物学者が

一緒に電車で旅行していた。

すると、窓から牧場が見え、そこには1匹の黒い毛の羊がいた。

詩人:この国の羊の毛は黒いんですね。

古典物理学者:いえ、この国には黒い毛の羊が少なくとも1匹いるということしかわかりません。

数学者:いえ、この国には身体の少なくとも片側の毛が黒い羊が少なくとも1匹いるということしかわかりません。

量子物理学者:いえ、観測から時間tの経過した現在、この国には身体の少なくとも片側の毛が黒い羊が少なくとも1匹いるという事象すら不確定です。

哲学者:いえ、記憶の中に存在するあの黒い羊が本当に実在したものだったかすら確かではありません。確実なのは、「そう考える私がいる」ということだけです。

羊飼い:たぶんジャコブ(Jacob)種の子供じゃないかな。古代種の血をひく希少羊で、白と茶のパッチワークのような毛に包まれているんだ。子供は真っ黒だよ。

生物学者:じゃあ確認してくる。生物学者はそう言い残して車窓から飛び降りた。

103: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 17:57:38.20 ID:alyy3R6e.net
すべての行動が無意識の領域で決められているのなら
例えばダイエットとかも意志の力に頼るよりも無意識の領域が
食べるという決断をしないような方法を考えたほうが効果的
ってことかな。

禁煙とか、薬物依存症とかの治療にも影響ありそうだね。

114: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 18:59:19.60 ID:Jd3l2nWv.net
どうでもいいけど観測=「干渉」
観測=干渉したから結果が変わるそれが不確定原理の話だよ
要は点に点をブチ当てるか波に波を当てるかどちらかしか観測できない
観測できないものは「ないと考える」というだけ
観測できないだけで「何か」はある

116: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 19:04:25.94 ID:sH+9G48U.net
>>114
不確定原理の一つの解釈でしょ?
意思が認知されて意識にのぼる過程でその意思が変化を被ってしまうとする。

151: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 20:32:48.13 ID:sH+9G48U.net
ダーウィンの自然選択理論は、環境決定論であり、生命それ自身も環境であると見なす。
実在するのは環境だけであり、その関係の適合性だけである。
そういう意味で、まるで哲学の世界でいう構造主義理論みたい。

157: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 20:38:43.91 ID:VkgdgSfN.net
>>151
ということは、生物は知性をなすべく造られていたということか?ww

165: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 20:48:43.64 ID:sH+9G48U.net
自由意思論争はむなしい。反証しようがない。
どうやって自由意思論争を反証可能な論理として組み立てられるだろうか?

166: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2016/04/04(月) 20:51:19.55 ID:iEL4peBf.net
>>165
そもそも、反証できないもので、確実に存在するものある?
肯定派が反証法を提示できない限り、否定されても仕方がない。