1: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:06:09 ID:nZo
彡(゚)(゚)「ぼちぼち進めてくで」

引用元: ・彡(゚)(゚)「暇やから物理学の歴史を説明するで」

2: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:08:12 ID:nZo
彡(゚)(゚)「まずは物理学の始まりからやな、最初は自然科学と哲学は別れとらんかったんや」

彡(゚)(゚)「まあ、この頃は自然哲学と呼ばれとったな。哲学やから多くの哲学者が自然を研究しとったんや」

3: 生徒1 2015/08/05(水)22:08:16 ID:AMH
「^」「^」楽しみんンゴ!

4: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:10:08 ID:gLF
楽しみにしとるで~

8: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:13:08 ID:nZo
彡(゚)(゚)「最初の頃の自然哲学は四元素って考えから進化してきたんや」

彡(゚)(゚)「これを考えたのがかの有名なアリストテレスやな」

彡(゚)(゚)「アリストテレスは凄い哲学者で万学の父と言われるほど様々な研究をしとったんや」

彡(-)(-)(まあアリストテレスの考えのせいで進歩せんかったものもあるんやけどな…空気の研究とか)

9: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:15:47 ID:nZo
彡(゚)(゚)「さらに古代ギリシャの頃にはタレスってやつが

(`・ω・)「自然に神話や宗教を入れるのはダメだ、全ての物事には理由があるはずだ」

 って唱えて今の科学の基礎となる考え方を作ったんやな、これのお陰でタレスは科学の父って言われとるで」

12: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:20:55 ID:nZo
彡(゚)(゚)「さらに進んで紀元前5世紀頃になると原子の考え方ももうすでに出てきとったんや」

彡(゚)(゚)「更にもうこの頃には実は静電気に関する現象も見つかっとるしな」

彡(゚)(゚)「古代ギリシャでは琥珀をこするとゴミを惹きつけることが知られとったんや」

彡(゚)(゚)「まあこれはクーロン力ってやつでゴミを惹きつけるんや」

彡(゚)(゚)「電気の英単語の語源はギリシャ語の琥珀から来とるのはこれからやな」

13: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:22:47 ID:D81
原子の英訳atomはギリシャ語のatomos,(分割できない)って意味で
原子が物質を構成する最小単位であり、これ以上分けることのできない小さな物質って解釈でいいのかな

14: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:23:11 ID:nZo
>>13
そうそう、それであっとるで

43: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:47:53 ID:BtI
>>13
寿司屋のアトムボーイにも関係しとるんかな

17: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:26:07 ID:nZo
彡(゚)(゚)「更に古代ギリシャ初期には地球が球だったことも分かっとる」

彡(゚)(゚)「更に更に静流体力学や静力学の基礎をあるきメデスってやつが考えだしたり」

彡(゚)(゚)「他にも地動説だったりいろいろ進んだ時代やったんや」

彡(-)(-)「まあ殆どの書物がなくなって知識はあまり継承されんかったんやけどな」

19: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:29:03 ID:Xyr
ギリシャ人って大昔から頭良かったんやから
今はとんでもなく優秀な奴ばかりなんやろなぁ

23: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:32:20 ID:ZNn
>>19
古代ローマ人「イカサマを使うからギリシャ人とは賭博をするな」
精神は受け継いでるね(ニッコリ

20: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:30:19 ID:nZo
彡(゚)(゚)「アラビア科学はどっちかって言うと数学のほうのイメージがあるが、物理学の方も凄いんやで」

彡(゚)(゚)「イブン・ハイサムってやつが光の研究をして、その結果から望遠鏡やカメラを作ったり」

彡(゚)(゚)「アブー・ライハーン・なんとかってやつがつきの満ち欠けを研究しとったりな」

21: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:31:24 ID:nZo
彡(゚)(゚)「西洋に話を戻すで、西洋ではこの後科学の大きな天敵が現れたんや」

22: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:31:52 ID:nZo
彡(゚)(゚)「そう

  キ  リ  ス  ト  教

や」

26: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:34:31 ID:nZo
彡(゚)(゚)「キリスト教には聖書というバイブルがあったんや…」

彡(゚)(゚)「科学(特に物理学)はこの聖書とは折り合いが悪かったんやな」

彡(゚)(゚)「それで潰された発見もいろいろあるで有名なのやと地動説やな」

27: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:35:19 ID:nZo
彡(゚)(゚)「もちろん皆は地動説の発案者誰かわかるやろ?」

問題:
地動説の発案者は?

28: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:35:36 ID:D81
こ、こぺるにくす・・・

31: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:36:12 ID:nZo
>>28
彡(^)(^)「正解やで」

32: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:36:36 ID:D81
    日本語→英語
アリストテレス→アリストットル
コペルニクス→コパニカス

なんか間抜けやね

33: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:37:17 ID:nZo
>>32
でもベクトルって言うよりベクター、ローテンションって言うよりサイクルのほうがカッコええやん?

34: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:39:36 ID:nZo
彡(゚)(゚)「まあ、コペルニクスなんやけど物理学の歴史にはどっちかって言うとガリレオ・ガリレイのほうが重要やから飛ばすで」

彡(゚)(゚)「このガリレオ・ガリレイっておっさんは凄いんや地動説とかも凄いが、一番すごいんは実験っていう方法を見つけたことやな」

彡(゚)(゚)「この実験という方法のお陰で物理学はもっと進歩していくで」

35: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:41:04 ID:nZo
彡(゚)(゚)「あとこのおっさんが見つけた凄いことがもうひとつあるんや、それは

  物  理  現  象  が  数  学  で  記  述  で  き  る  こ  と

なんや」

36: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:41:09 ID:D81
フロギストンとかいうガバガバ理論・・・当時はそうでもなかったか
質量が無やったりマイナスやったりプラスになったり・・・

37: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:42:36 ID:nZo
>>36
考え方としては寧ろ熱素という考え方は当然やと思うで…

38: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:43:46 ID:nZo
彡(゚)(゚)「まあ、このおっさんが迫害された理由のうちの一つやな」

彡(゚)(゚)「これは簡単に言うと未来が予測できるってことやからなあ…」

彡(゚)(゚)「まあ、天動説とこれでおっさんは死んだんやな」

40: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:46:20 ID:nZo
彡(゚)(゚)「デカルトは飛ばすで」

彡(゚)(゚)「17世紀末になると凄いバケモンが生まれたんや」

彡(゚)(゚)「かの有名なアイザック・ニュートンやな、アシモフちゃうで」

44: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:49:20 ID:ZNn
確か地動説発表した年の教会は「特におもろい論文ないわ」って言っとったんやっけ?
ガリレオがポジハメくんの如きはしゃぎすぎて論文が日の目を見て処刑される流れは草

45: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:50:36 ID:nZo
>>44
しかも一回温情出されとるんやで…あと処刑はされてないで

46: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:51:37 ID:nZo
彡(゚)(゚)「このおっさんはガリレオの数学を用いて物理を記述することを洗練させたんやが」

彡(゚)(゚)「このおっさんは物理学の発展に大きく寄与することとなる数学をつくったんや、それが微分積分と極限やな」

彡(゚)(゚)「まあ、微積の話はあとにおいておくとしておっさんの本で一冊有名な奴があるんや」

彡(゚)(゚)「プリンキピア・マテマティカ(自然哲学の数学的諸原理)って本や」

47: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:52:11 ID:BtI
錬金術とかいう物理学の真逆の目的で発展する物理学・・

49: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:54:18 ID:D81
>>47
無能(46)「(クソみたいな発想の錬金術から近代化学が誕生したのは)結果論。」

48: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:53:43 ID:nZo
>>47
これがないと化学が無いですし…

51: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:55:08 ID:BtI
>>48
錬金術って何年蔵くらいまでやってたんやろ。
錬金術にも詳しいギブリ著の「悪魔の書」持ってるけど読む気がしない

53: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:55:46 ID:nZo
彡(゚)(゚)「この本が重要な意味を持つのはニュートン力学をまとめた本やからやな」

彡(゚)(゚)「実際に今の大学で講義としてやっとる古典力学もニュートン力学や」

彡(゚)(゚)「ただ勘違いしちゃいけんのはこいつには微積分学は使ってないんや…あくまで幾何学だけやで…」

彡(゚)(゚)「だから難解で誰も理解できんとまで言われたんやで…(なおワイも理解しづらかった模様)」

54: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:56:04 ID:y6L
彡(°)(°)「お!リンゴが木から落ちたやんけ」

彡(^)(^)「うまーい!」

58: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:56:51 ID:D81
>>54
なお味は、砂みたい、とのこと

64: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:59:34 ID:BtI
>>54
あ、こいつならこっちだ!
彡(°)(°)「りんごが木から落ちた。あ、葉っぱも落ちたぞ。」
彡(°)(°)「あれ、同じタイミングで落ちたのに、葉っぱの方が後や!」
彡(°)(°)「やっぱり重さによって落ちる速度は違う!学会で発表だ!」

66: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:00:34 ID:nZo
>>64
この考え方は実はものすごく重要で、物が落ちるスピードが違う=何かが抵抗しているってことなんや

67: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:02:02 ID:BtI
>>66
彡(°)(°)「抵抗?形が違う?何いっとんねん」
彡(°)(°)「空気に抵抗なんてあるかいな!思いから早い。それだけのことだ!」

69: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:03:07 ID:nZo
>>64
あと実際に計算すると重さによって落ちるスピードは違うで…

71: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:04:28 ID:BtI
>>69
つまり、コペルニクスは間違っていたと

72: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:04:57 ID:nZo
>>71
まあ誤差として無視できる範囲やから間違いではないで

55: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:56:09 ID:1DU
微積は二人の学者が同時に同じ内容の論文出して大モメしたんだっけ
微分に自信ニキと積分に自信ニキがそれぞれのやり方で同じ場所に辿り着いただけだったらしいけど

英国と欧州の学会が仲悪かったせいで代理戦争状態ですらあったとか

59: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:57:00 ID:nZo
>>55
ライプニッツやな、記号にとりつかれた男と言われとるで

56: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:56:27 ID:SX5
大学の教養科目での化学の講義内容思い出しながら読んどる
おもろい

60: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:57:34 ID:nZo
彡(゚)(゚)「今日は歴史の方はここまでにして具体的な内容に移るで」

61: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:58:07 ID:tdv
日本国内の歴史で物理に自信ニキはやっぱり20世紀入らんとおらんのかね?
数学なら関孝和というレジェンドがおるけど

62: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:58:29 ID:nZo
>>61
関数という概念が無いから進化しようがないんや…

63: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)22:59:26 ID:nZo
彡(゚)(゚)「具体的な内容を説明していくで」

彡(゚)(゚)「まず重要なのがニュートンの運動方程式や、覚えとるか?」

70: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:04:23 ID:nZo

73: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:05:23 ID:D81
もともと錬金術が生まれた背景もアリストテレス的な物質の解釈にあって、
当時は見つかっていた金属(水銀を除く)はすべて土(earth)の1形態であるという解釈がベースになってたはず

74: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:05:47 ID:nBa
運動方程式はma=Fだった記憶

75: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:06:20 ID:nZo
>>74
それやな

76: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:07:08 ID:nZo
彡(゚)(゚)「まず皆運動方程式って何か分かっとるか?」

問題:
運動方程式とはなにか

79: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:09:41 ID:1DU
>>76
ワイ文系、重力加速度が9.8m/sであることをギリギリ思い出し死亡

なお9.8m/s^2のもよう

81: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:10:24 ID:nZo
>>79
文系か!ワイも文系学問すきやで金融工学やマクロ経済学を一時期勉強しとったわ

84: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:12:25 ID:nZo
彡(゚)(゚)「まあここらで正解を言うか」

彡(゚)(゚)「>>78>>79,>>83みたいに運動方程式=ニュートンのってイメージがあるがこれは間違いや」

彡(゚)(゚)「運動方程式って言われるものは以下のものが有名やな

ニュートンの運動方程式
ラグランジュの運動方程式、ハミルトンの正準方程式(解析力学)
オイラー方程式、ナビエ-ストークス方程式(流体力学)
ハイゼンベルクの運動方程式(量子力学)

78: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:09:36 ID:cML
加速度が力に比例し質量に反比例するだっけ…?

83: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:11:39 ID:HDc
加速度 a が力 F に比例し、質量 m に反比例することを運動の法則というんやないか

文章から入るタイプやから

88: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:13:37 ID:nZo
彡(゚)(゚)「じゃあ正解は何やって話になるが答えは、加速度と座標・速度を結びつける式」

彡(゚)(゚)「これを運動方程式って言うんや」

91: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:15:39 ID:nZo
彡(゚)(゚)「じゃあまず速度や加速度とかの話に戻そか」

彡(゚)(゚)「速度、距離、時間の関係は覚えとるか?」

問題:
時間t、距離v、速度xの関係を数式で表わせ、ただし速度vは一定とする

92: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:16:22 ID:D81
t=vx?

93: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:16:44 ID:D81
まちがえたv=tx

94: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:16:57 ID:nZo
>>93
正解や!

97: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:18:10 ID:HDc
これは文系ニキもわかるな

98: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:18:39 ID:nZo
>>97
できるだけ文系ニキにもわかるように進めていくつもりやで

99: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:19:00 ID:nZo
彡(゚)(゚)「正解がでたから、話を進めよか」

彡(゚)(゚)「じゃあ今度はどんどん早くなる時を考えよか」

彡(゚)(゚)「まずvとtの関係を考えるんや」

103: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:21:30 ID:nZo
彡(゚)(゚)「まずvはどんどん早くなるはずや」

彡(゚)(゚)「で、この時ある係数aに関係して早くなっていくはずや」

彡()()「難しいかもしれんから少し噛み砕いてはナスで」

105: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:22:49 ID:NHK
高校時代物理が得意だったワイ、高みの見物
なお現在

110: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:25:23 ID:HDc
>>105
ファッ!?素晴らしいIDもみれたしこのスレ最高や

111: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:25:49 ID:nZo
>>105
すごいあいでーや…

114: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:26:58 ID:1DU
>>105
はえ~すっごい……国もイッチの物理講義に興味津々ってことやね

それはそうと速度がxでvは距離じゃなかったんか…?(小声)

116: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:28:01 ID:nZo
あと物すっごい今更やがこのスレは
説明ー問題ー回答ー解説
って流れで行くで

>>114
大松「違うぞ」

123: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:32:26 ID:1DU
>>116
違うのか
一番最初の設問で「時間t、距離v、速度x」って言ってたから速度でv1v0使われて混乱してしまったンゴ

106: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:23:33 ID:nZo
彡(゚)(゚)「ある一定時間立った時を考えるで」

彡(゚)(゚)「そしたらこの時、一定時間立った後の速度v1と立つ前の速度v0との差が早く(遅く)なった文ってことはわかるか?」

107: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:24:43 ID:D81
静止してる状態から5秒たって50キロ-/時みたいに考えたらええんかな?

108: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:25:21 ID:nZo
>>107
そうやで

109: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:25:22 ID:cML
つまり中村勝のストレートが手から離れた瞬間は140キロで25メートル先では150キロになってるってことやろ

112: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:26:01 ID:nZo
>>109
そうそう、あっとるで

113: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:26:55 ID:nZo
彡(゚)(゚)「すすむで」

彡(゚)(゚)「じゃあ、この差分を時間で割った結果は何を表しとると思う?」

問題:
速度差を時間で割ったものは何を表しているか

117: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:28:15 ID:cML
移動距離やな

118: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:29:49 ID:nZo
うーん、今回の問題はわかりづらかったやろうか…

119: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:30:07 ID:HDc
加速度

120: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:30:44 ID:nZo
>>119
その加速度の具体的な内容の説明をしたいんや…

121: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:31:54 ID:uWD
速度の平均変化率

122: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:31:59 ID:D81
0秒のとき(発車時)           →    5秒後
ワイ「車は止まってるから速度Vは0やでー。」→ワイ「アクセル踏んで今は50km-/hやでー。」

0秒のときから5秒後のときまでの速度の変化率が加速度???

124: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:32:41 ID:nZo
彡(-)(-)「うーん、わかりづらかったやろな」

彡(゚)(゚)「正解は速度差を時間で割ると速度の変化の割合が求まるんや…」

彡(-)(-)「まあ、これは出てこんでもしかたなかったかもしれんな」

彡(゚)(゚)「そんな中正解を出せた>>121ニキと>>122ニキ、凄いで」

126: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:33:57 ID:nZo
彡(゚)(゚)「話を進めるで」

彡(゚)(゚)「人はこの速度の変化率aのことを加速度っていっとるんやな」

彡(゚)(゚)「最初辺りのma=Fって式に出てきたa、これや」

127: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:35:17 ID:nZo
彡(゚)(゚)「次に加速度と速度と距離の説明をしたいんや…が」

彡(●)(●)「その前に難所である微積分の説明をするで…」

128: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:36:13 ID:D81
び、びせきぶん・・・(死亡)

129: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:36:22 ID:nZo
彡(゚)(゚)「微積分、聞いただけでも頭が痛くなってくるひともおるやろうな…」

彡(゚)(゚)「まず微積分の前に極限って考え方を教えるで」

130: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:36:34 ID:uWD
数学徒のワイ、高みの見物

131: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:37:37 ID:nZo
彡(゚)(゚)「ここで重要なのが1=0.999999……ってやつや」

彡(゚)(゚)「違うやろ!って思ったかもしれんが実はあっとるんや」

彡(-)(-)「まあこのノリで0=1とかはできんのやけどな…」

132: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:38:16 ID:nZo
彡(゚)(゚)「じゃあ1=0.999999……を通じて極限の考え方を説明するで」

133: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:40:02 ID:nZo
彡(゚)(゚)「じゃあまず1に0.1足したらどうなる?」

問題
1足す0.1は?

彡(-)(-)「ふざけた問題と思うかもしれんが許してクレメンス」

134: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:40:17 ID:D81
い、1.1

135: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:40:48 ID:nZo
彡(゚)(゚)「まあ即答できるな」

彡(゚)(゚)「じゃあ次1に0.01を足したらどうなる?」

問題
1足す0.01は?

136: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:41:00 ID:1DU
い、1.01

137: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:41:37 ID:nZo
彡(゚)(゚)「まあこれも即答やな」

彡(゚)(゚)「じゃあとばして次1に0.00001を足したら?」

問題
1足す0.00001は?

138: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:42:29 ID:D81
い、1.00001

139: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:42:45 ID:nZo
彡(゚)(゚)「なんでこんな問題を出したか説明するで」

140: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:44:47 ID:nZo
彡(゚)(゚)「今までの問題は1にある数を足す問題ってきづけるやろうか?」

彡(゚)(゚)「1.1、1.01、1.00001、どれも1+aや」

彡(゚)(゚)「あと足している数はどんどん小さくなっとるな」

142: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:45:20 ID:nZo
彡(゚)(゚)「ここでじゃあ0.000000000.....みたいなかなり小さい数を足して見ると考えるで」

143: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:46:45 ID:nZo
彡(゚)(゚)「そしたらこれってほぼ1やな」

彡(゚)(゚)「ここで足す数をどんどん小さくしていくと1に近づくという推測が成り立つな」

彡(゚)(゚)「ここで新しい概念無限を考えるで」

144: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:48:55 ID:nZo
彡(-)(-)「いきなり無限がでたがしゃーないんや…」

彡(゚)(゚)「まあええわ、ここでこの足す数を無限に小さくした数を考えるんや」

彡(゚)(゚)「ほんだら無限に1に近づくはずやってことわかるか?」

148: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:52:07 ID:nZo
彡(゚)(゚)「このことを数学的に表すで」

彡(゚)(゚)「このある点に近づくって動作をlimって記号を用いて表すで」

彡(-)(-)「本当は教科書とおんなじ記法がいいんやろうけどしゃーないからlim[点->近づく場所]式、という形で表すで」

150: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:53:39 ID:nZo
彡(゚)(゚)「そうしたら今までの物のしきは1+aやな」

彡(゚)(゚)「これの無限に近づいたものはさっきのものを使って
lim[a->>0]1+a
と表されることはわかるやろうか」

152: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:54:39 ID:1DU
1+a(なおaは限りなくゼロに近づいていく)

153: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:55:14 ID:HDc
めんどくさいので1でええやん()

155: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:55:57 ID:nZo
>>153
そう言わんといてな、な、

165: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:00:48 ID:qzx
>>162
ええんやで(ニッコリ)

154: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:55:42 ID:nZo
彡(-)(-)「ただこれのaは無限に小さくできる、すなわち絶対0にはならないんや…」

彡(゚)(゚)「だけどこれは無限に1に近づいていくから以下のことが言えるんや」

lim[a->>0]1+a = 1

156: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:57:14 ID:D81
際限なくaが0に近づいていくから、そのaを含む数式1+aが、1に際限なく近い値をとる=つまり1になるってこと?

158: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:57:24 ID:nZo
>>156
そうやで

157: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:57:18 ID:nZo
彡(゚)(゚)「何やこれ、代入しただけやんと思うかもしれんな…」

彡()()「実際そうやで」

彡(゚)(゚)「…このように無限にあるてんに近づけることを極限っていうんや」

160: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:58:21 ID:nZo
彡(゚)(゚)「じゃあこれを応用して1=0.99999...を証明するで」

彡()()「まあ大体予想はついとるやろうけどな」

161: 名無しさん@おーぷん 2015/08/05(水)23:59:33 ID:D81
lim[a→0] 1-aですかね?

164: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:00:35 ID:qzx
>>161
そうやで

163: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:00:27 ID:qzx
彡(゚)(゚)「まず0.999999.....は1から0.00000000.....1を引いた数ってことはわかるやろうか」

彡(゚)(゚)「じゃあこれの0.00000.....1をbとしてさっきのあれに入れるでするとこうやな」

0.99999.....=lim[b->>0]1-b

166: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:01:09 ID:3pJ
lim[a->>1]かと思ったわ

167: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:02:20 ID:qzx
彡(゚)(゚)「で、実際に計算するんやが…」

彡()()「極限の計算は実際にはその値を代入するだけなんや…」

彡(゚)(゚)「だからlin[b->>0]1-bは1になるんや」

彡(゚)(゚)「これでお粗末やが0.99999.....=1が証明できたことになるで」

168: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:02:51 ID:qzx
彡(゚)(゚)「ここまでOKやろか」

170: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:05:23 ID:qzx
彡(゚)(゚)「まあ、一応これで極限についての説明はおしまいやな」

彡(゚)(゚)「次に微分の説明やな」

彡(゚)(゚)「さっきの速度と加速度の説明を思い出して欲しいんやが、加速度はどういうものか覚えとるか?」

問題:
加速度とはどういうものか

171: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:06:23 ID:qzx
彡(-)(-).。○(このスレ需要あるんやろうか…)

172: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:06:23 ID:3pJ
どのくらいの変化度合で加減速するよ、っていう数値だっけ

173: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:06:33 ID:qzx
>>172
正解!

175: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:09:06 ID:qzx
彡(゚)(゚)「正解でたな>>172が言っとる通り変化の割合や」

彡(゚)(゚)「式で表すとv1-v0/tやな」

彡(゚)(゚)「ここで速度の差を⊿v、時間の差を⊿tと置くとどうなるやろか?」

問題
速度の差を⊿v、時間の差を⊿tと置くと加速度はどのような式で表せられるか

176: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:10:00 ID:aUZ
⊿v/⊿t???

177: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:10:19 ID:qzx
>>176
正解やで(ニッコリ)

178: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:13:16 ID:qzx
彡(゚)(゚)「早速正解が出たな、>>176の書いてる通り加速度aは⊿v/⊿tで表せられるんや」

彡(゚)(゚)「ここでちょっと書き方をカエルで、速度を今までは単にvやったがこれからはv(t)で表すで」

彡(-)(-)「この変更の意味は後で分かるで…」

彡(゚)(゚)「まあここで加速度の表し方は分かったな、ただこれは平均の加速度しか出せんのや…」

179: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:13:38 ID:3pJ
⊿v=v1-v0
⊿t=v0からv1までの経過時間=t
ってことか

180: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:14:02 ID:qzx
>>179
そういう認識であってるよ

181: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:14:39 ID:qzx
彡(゚)(゚)「例えばこういうグラフの場合加速度出せるやろうか」
no title

184: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:15:57 ID:qzx
彡(゚)(゚)「ここで、瞬間の加速度を知るための方法を考えるで、その時使うのがさっきの極限や」

187: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:19:12 ID:qzx
彡(゚)(゚)「じゃあ⊿v/⊿tに極限を使用していくですると時刻tの時の極限は以下の式になる事がわかる」

lim[⊿t->>0]v(t+⊿t)-v(t)/⊿t

196: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:26:32 ID:aUZ
>>187
この数式の解釈は⊿t秒後の速度とある時点t秒のときの速度差を⊿tで割るってこと?

198: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:27:13 ID:qzx
>>196
そうそう

189: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:21:10 ID:qzx
彡(゚)(゚)「これが瞬間の加速度になるんやが…」

彡(゚)(゚)「ここでもう一つ重要なのだすで、微分や」

彡(゚)(゚)「この微分も極限に関わっとる」

190: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:21:31 ID:3pJ
あれ?これゼロ除算になるんじゃ……

191: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:22:22 ID:qzx
>>190
それがめんどくさくて、limの定義は無限に近づけるだけだから…

192: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:22:58 ID:3pJ
>>191
あ、厳密にはゼロにならないからOKってことか……なるほど

193: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:23:18 ID:qzx
>>192
もっと言うと計算したら0じゃないからね…

195: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:25:55 ID:qzx
彡(゚)(゚)「先にめんどくさいんで微分の定義だけ説明しておくで」

lim[⊿x->>>0]y(x+⊿x)+y(x)/⊿x

彡(゚)(゚)「これが微分やな、これを記号を用いてこう表すことにするで」

lim[⊿x->>>0]y(x+⊿x)+y(x)/⊿x = dy/dx

彡(゚)(゚)「これは加速度の式に当てはめれそうやな」

問題
微分を用いて加速度を表わせ

197: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:26:36 ID:8tI
d^2y/dx^2

201: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:28:05 ID:qzx
>>197
二階微分ならこの場合d^2x/dt^2やな

199: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:27:25 ID:zRE
dv/dt

200: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:27:36 ID:qzx
>>199
正解!

202: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:29:51 ID:qzx
彡(゚)(゚)「これで微分とかだいたい分かるようになったな」

彡(゚)(゚)「じゃあ次は具体的な微分の計算を行うで」

彡(゚)(゚)「まず小手始めにx(t) = 2t^2を微分してみよか」

203: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:30:25 ID:aUZ
x(t)=4t???

205: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:32:57 ID:qzx
>>203
あっとるで

204: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:32:43 ID:aUZ
x'(t)=4t

206: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:36:38 ID:qzx
彡(゚)(゚)「まず定義に当てはめて式を展開していくで」

lim[⊿t->>>>0]2(t+⊿t)^2-2t^2/⊿t 展開して
=lim[⊿t->>>>0]2(t^2+⊿t^2+2t⊿t)-2t^2/⊿t 約分して
=lim[⊿t->>>>0]2(t^2+⊿t+2t)-2t^2/⊿t 計算して
=4t

207: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:37:01 ID:qzx
(遅くなって)すまんな

208: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:37:31 ID:qzx
約分した⊿t消し忘れとるやんけ…

210: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:39:16 ID:qzx
彡(゚)(゚)「こういうふうに計算できるんやが…」

彡()()「いちいちやると死ぬほど手間がかかるんや…」

彡(゚)(゚)「やけど基礎的な微分なら式があるんや、それまとめていくで」

212: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:41:21 ID:qzx
x^nの微分 = nx^n-1
定数cの微分 = 0
y=f(x)+g(x)の微分 = df(x)/dx + dg(x)/dx

彡(゚)(゚)「出来ればこれは覚えてほしい」

213: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:42:26 ID:qzx
彡(゚)(゚)「じゃあ練習問題やで」

問題1:
y=2x^3+xの微分

問題2:
y=xの微分

問題3:
y=1の微分

215: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:44:02 ID:3pJ
問題1:6x^2+1
問題2:1
問題3:0
かな?

217: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:44:14 ID:qzx
>>215
正解やで

219: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:46:39 ID:qzx
彡(゚)(゚)「これで微分は大丈夫やな」

彡(゚)(゚)「じゃあ次は距離と速度をつないでいくで」

彡(゚)(゚)「距離の変化⊿xと時間差⊿tと平均の早さvではどういう関係があるやろか」

問題
距離の変化量⊿x,時間差⊿tを用いて平均の早さvを表わせ

220: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:47:36 ID:8tI
⊿x/⊿t

221: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:47:38 ID:aUZ
v=⊿x/⊿t
かな?

223: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:47:53 ID:qzx
>>220>>221
正解!

224: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:50:54 ID:qzx
彡(゚)(゚)「まあ察しのいい皆ならもう分かっとるやろうけど、距離と速度の関係はdx/dt = vや」

彡(゚)(゚)「ここでじゃあ加速度と距離を繋げたいんやがその場合は二回、微分することになるな」

彡(゚)(゚)「二回微分することをd^2y/dx^2と表すで」

彡(゚)(゚)「これから加速度はa=d^2x/dt^2ということがわかるんやな」

226: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:52:33 ID:qzx
彡(゚)(゚)「ここまでの知識でニュートンの運動方程式を書きなおしてみよか」

彡(゚)(゚)「ニュートンの運動方程式はma=Fや、ここで加速度は分かっとるんやな」

彡(゚)(゚)「じゃあまとめの問題逝くで?」

問題
ニュートンの運動方程式を速度に関する式に直せ

227: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:53:21 ID:zRE
d/dt(mv)=F

228: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:53:31 ID:qzx
>>227
正解や!

230: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:56:32 ID:qzx
彡(^)(^)「これで皆も物理学の基礎的な知識はついたな、じゃあ今度はニュートン式のニュートンの運動方程式を書くで」

彡(゚)(゚)「なん距離じゃなくて速度やったんかって言うと、実はニュートンは運動量って値を元に運動方程式を考えたんや」

彡(゚)(゚)「運動量pの定義はp=mvや、ニュートンはこれを微分すれば運動方程式になるって考えたんやな」

231: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:58:35 ID:qzx
彡(゚)(゚)「あとこの運動量って値は、実は値が変わらんのや。運動量保存則ってやつやな」

彡(゚)(゚)「ココらへんの説明も死体からまず三角関数の説明をしよか」

234: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)00:59:55 ID:WHf
(-ω^2x)

236: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)01:00:47 ID:qzx
>>234
可愛い式が好きならナビエ・ストークス方程式オヌヌメ
なおとくのは…

238: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)01:01:49 ID:Ftk
>>236
最近どっかの数学者が説いたみたいな話聞いたけどどうなったんやろな
関数解析とか無知やから偏微分方程式の話は分からんわ

235: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)01:00:15 ID:qzx
彡(゚)(゚)「皆好きやろ?三角関数」

彡(゚)(゚)「三角関数は以下のような三角形から出される関数やで」
no title

240: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)01:03:11 ID:qzx
彡(゚)(゚)「この時の三角関数の定義は以下のようになっとる」

sinθ=c/a
cosθ=b/a
tanθ=c/b

彡(゚)(゚)「見たらわかるように角度に対しての関数になっとるんや」

241: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)01:05:03 ID:qzx
彡(゚)(゚)「特にsin,cosに注目してもらえばわかるんやが斜辺を基準にしとることがわかる」

彡(^)(^)「これのお陰で角度と大きさや斜辺の長さがわかればx方向、y方向の長さがわかるって寸法や!」

242: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)01:08:03 ID:qzx
彡(゚)(゚)「ついでに重要やから三角関数の微分もやっとこか」

彡(゚)(゚)「三角関数の微分は以下の用になっとる」

dsinθ/dθ = cosθ
dcosθ/dθ = -sinθ
dtanθ/θ = 1+tan^2θ

彡(゚)(゚)「特にsin、cosの二階微分すると元に戻るって性質は重要やから覚えとくとええで」

243: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)01:09:30 ID:qzx
彡(゚)(゚)「眠くなってきたンゴ…」

267: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:07:39 ID:q1H
もどったでー、じゃあ今から始めるわ!!
あと(主)がつかんのはなんでや?

268: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:08:50 ID:q1H
一応トリップつけとくか

269: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:11:01 ID:q1H
彡(゚)(゚)「じゃあ早速やけど始めるで」

彡(゚)(゚)「前回はニュートンとかいうあへあへ数学おじさんについて説明したな」

彡(゚)(゚)「今回はニュートン以降から始めるで」

270: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:15:05 ID:q1H
彡(゚)(゚)「ニュートンはその才能を使って古典力学や光学の研究を進めたんやな」

彡(゚)(゚)「このニュートンの研究の中で幾つか重要な研究があるんや」

彡(゚)(゚)「そのうちの一つが…」

彡()()「言いたいことあるのに名前思い出せんわ…」

271: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:16:04 ID:q1H
彡(゚)(゚)「思い出したわ、最速降下曲線についての研究やな」

273: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:18:01 ID:Ftk
オッスお願いしま~す

274: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:19:04 ID:q1H
彡(゚)(゚)「この問題は当時の科学界で結構問題やったんや」

彡(゚)(゚)「そこである人がニュートンに頼んだら一晩で説いたんや」

彡(゚)(゚)「この問題から実は解析力学っていう力学体型につながるんやが…」

彡(゚)(゚)「これが陽の目を見ることになるのはもっと後で量子力学っていうキモいやつやロボット工学って言うキモい奴が出てきたあたりや」

彡(゚)(゚)「そうやな19世紀、20世紀ぐらいやからだいぶ後やな」

275: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:21:17 ID:q1H
彡(゚)(゚)「で、この解析力学って言うのはざっくり言えば数学的な力学って認識でええで」

彡(゚)(゚)「この力学はまず最小作用の原理ってやつからスタートしとる」

彡(゚)(゚)「この最小作用の原理は簡単にいえば、運動した際の作用は最小になるように動くってやつやな」

彡(^)(^)「面白いことにこの事実からニュートンの運動方程式を導き出すことができるんやで!」

276: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:22:41 ID:q1H
彡(゚)(゚)「同じようなやつで量子力学における経路積分があるんやが…」

彡(-)(-)「かなりあとやし難しいから今はポイーで」

彡(゚)(゚)「まあ、こうして新しい力学体系が生まれたんやな」

277: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:24:48 ID:3pJ
さいそくこうかきょくせん…?
どんな落下も等速になる=その最速に到達するまでの変化曲線みたいな話か?

279: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:26:06 ID:Ftk
>>277
一番早く達する経路ってこと
これはサイクロイドになる

280: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:26:25 ID:q1H
>>277
簡単に言うとどのような曲線上を動かすと一番早いかって問題

278: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:25:41 ID:q1H
彡(゚)(゚)「この解析力学が生まれた時期にもう一つ大切な力学体系が生まれとる」

彡(^)(^)「みんな大好き流体力学や」

彡(゚)(゚)「この力学はざっくり言うと流れについて研究したものやな」

彡(゚)(゚)「ベクトル解析って方法を使って連続して運動しているものをうまく表しとる」

彡(-)(-)「この流体力学はベールヌイ一家が関わっとるんやが、この一家がいろいろあったんや…」

281: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:26:43 ID:3n1
マグヌスニキについて一言オナシャスセンセンシャル

283: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:27:51 ID:q1H
>>281
マグヌス効果か?あれ当時の学会ではないない言われとったんやで…
正しい説が認められないのは悲しいなぁ…

284: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:28:51 ID:3n1
>>283
やっぱりマグヌスニキはガリレオやったんやな
サンガツ、ちなマグヌスニキの物理学はこちら
http://kirikae.biz/articles/3413.html

282: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:26:46 ID:q1H
ベールヌイやないベルヌーイや…

285: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:32:15 ID:q1H
彡(゚)(゚)「このベルヌーイ一家は皆凄いんやがこの中のダニエルとヨハンが作ったんや、が」

彡(゚)(゚)「この時いろいろいざこざがあったんや」

no title

286: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:34:56 ID:q1H
no title

287: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:37:41 ID:q1H
彡(゚)(゚)「とまあ、こんなかんじでダニエルとヨハンの間の出版物に関することで親子間にいざこざがあったんやな」

彡(゚)(゚)「まあヨハンの本Hydraulicaではダニエルの本では扱ってないような進んだ内容もやっとったから無駄では無いんやがな」

彡(゚)(゚)「まあ、こうして力学に関する研究は進んで、基礎的な物理学の知識は蓄えられていったんや」

288: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:40:22 ID:3pJ
対外的にはヨハンパッパが出した研究本の数年後ダニエルムスッコが発展版を出したことになるのか……

290: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:41:29 ID:q1H
>>288
そうやで…しかもこの件からムスッコは更に逆恨みされるようになるんや…

291: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:43:14 ID:3pJ
>>290
ヒエッ……パッパプライド高すぎンゴ

289: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:40:46 ID:q1H
彡(゚)(゚)「あともうひとつ進んだのが光に関する研究、つまり工学に関する研究やな」

彡(゚)(゚)「またニュートンっておっさんの話に戻るんやが、このおっさん光についても研究しとったんや」

彡(゚)(゚)「ここでニュートンは物理学の歴史の中で重要な本をもう一つ書いたんや」

彡(゚)(゚)「それが光学や」

292: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:45:59 ID:q1H
彡(゚)(゚)「ニュートンは光をプリズムで分光させる実験を通じて、当時の学会で一般認識やった光は本来白色って認識を変えることになったんやな」

彡(゚)(゚)「他にも屈折に関する研究や回折に関する研究をこの本の中で発表しとる」

彡(゚)(゚)「これとイブン・ハイサムの幾何光学を合わせて光の研究が進んだことになるんやなやな」

293: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:47:25 ID:q1H
彡(゚)(゚)「こうしてニュートンとかいうあへあへ物理おじさんが物理物理してたんやが…」

彡(-)(-)「この時期にもう一つ重要な考え方がひっそり生まれとったんや…」

彡(゚)(゚)「それが近似って考え方や」

294: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:47:29 ID:xbv
ワイはベルヌーイのこと大数の法則しか知らんかったわ
今ググったらベルヌーイ一族の科学界の功績おかしなことやってて草不可避なんだよなぁ

295: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:47:58 ID:q1H
>>294
あの一家はほんま頭おかしい(褒め言葉)

297: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:49:19 ID:tVl
トリップ見ると割りたくなるわ

イッチのは物理学者かなそれとも物理に関する用語なのか数式なのか

299: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:49:51 ID:q1H
>>297
物理に関する用語やな、もっと言うとある分野や

298: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:49:28 ID:q1H
彡(゚)(゚)「この考え方は非常に重要やで…」

彡()()「これがないと振り子の運動はかなり高度な問題になるしな」

彡(゚)(゚)「まあ、重要やけど話す内容は無いから飛ばすで」

300: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:51:28 ID:3n1
古典物理学かな?

303: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:52:07 ID:q1H
>>300
ではない

301: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:51:56 ID:PJK
イッチは大学の教授かなんかか?

304: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:52:18 ID:q1H
>>301
物理好きの大学生やで

302: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:52:02 ID:q1H
彡(゚)(゚)「さてもしかしたら気づいた人も居るかもしれんが今までの内容は力学のみ(ちょっと電気)だけやったんや」

彡(゚)(゚)「これからは熱力学や電磁気学について話すで」

彡()()「実はここからが長いんや…」

305: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:52:39 ID:Axe
ふりこは揺れる角度が小さいときにだけ線形になるからやっけ?

308: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:52:50 ID:q1H
>>305
そうや

306: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:52:44 ID:Ftk
どういう分野に進みたいの?

309: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:53:41 ID:q1H
>>306
量子コンピュータをやりたいと思っとる。
でも大統一理論もやりたいなぁ…
他にもアモルファスも面白いしなぁ…

310: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:54:51 ID:Ftk
>>309
アモルファスっていうと物性とかか?
量子論、素粒子論、宇宙論なんかは物理学を志す人間のあこがれだと思う

311: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:55:38 ID:q1H
>>310
そうやな、物性もいろいろおもろいで
グラフェンの物性なんかはそこらの基礎物理学の研究と同じぐらいおもろいで

313: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:56:35 ID:q1H
彡(゚)(゚)「まずは熱力学について話したいんやが…」

彡()()「ここからはマジで話が長くなるんや…」

彡(゚)(゚)「やから勝手でスマンが明日までまとめる時間をクレメンス」

314: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:56:54 ID:PJK
ワイの友達に物理科の人おるけど、高校物理はほとんど習わずに数学ばっかやっとるらしい。
物理と数学ってほんま密接なんやな

317: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:57:41 ID:q1H
>>314
お、円周率ぅー
そうやな、数学ができんと物理もできん。数学は物理の言葉やからな

316: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)23:57:38 ID:3n1
【悲報】ワイ馬鹿、ここまでの話を全く理解できず

318: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:58:43 ID:q1H
>>316
理解できんでもワクワクでもできたらワイの目標はほぼ達成したようなもんや
ワクワクする事が重要やでー

319: ◆hZARjKIhLU 2015/08/06(木)23:59:07 ID:q1H
彡(゚)(゚)「具体的な内容はいるやろか?」

321: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:00:06 ID:e1C
量子論ちょっと齧ってみたけどわけわからんわ
まとめで量子テレポーテーションのスレ見たけど異次元すぎるンゴwwww
http://totalmatomedia.blog.fc2.com/blog-entry-1047.html

325: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:01:25 ID:shF
>>321
あれは数学的な意味のほうが重要やで、イメージはしづらいから諦めたほうがええ

327: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:03:46 ID:e1C
>>325
なるほど、サンキューイッチ
やっぱり理論物理学は物理より数学のほうが重要なんやね…

330: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:04:31 ID:shF
>>327
いやそうでもないで、数学と物理は両輪や。
療法重要なんや

336: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:06:51 ID:e1C
>>330
数学めっちゃ苦手やけど物理に興味のあるワイ、無事に死亡
やっぱり物理学ぶには数学必須なんやね…

337: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:07:34 ID:shF
>>336
一番必要なのは興味やで、数学は勉強したら出来るようになるで
ワイも苦手やし

340: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:09:39 ID:shF
>>336
もし興味があるならブルーバックスとか割とおすすめやで、特に高校数学で分かるシリーズ

322: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:00:49 ID:shF
彡(゚)(゚)「まあ具体的な内容はいろか」

彡(゚)(゚)「じゃあ解析力学のところにあった最小作用の原理の説明をしよか」

彡(゚)(゚)「そのために積分の概念を説明するで」

326: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:03:04 ID:shF
彡(゚)(゚)「じゃあまず積分や、f(x)をxに対して積分するということを以下のように表
すで」

∫f(x)dx

彡(゚)(゚)「ここで積分のイメージを説明したいんやが…」

彡(゚)(゚)「皆は微分は覚えとるやろか?」

328: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:04:27 ID:8bm
ある関数がどのくらいの勢いで変化するのか調べる方法でよかったっけ

331: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:04:41 ID:shF
>>328
せやせや

333: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:05:26 ID:shF
彡(゚)(゚)「ここでイメージしやすいように一つ式を書いとくで」

∫(df(x)/dx)dx = f(x)

彡(゚)(゚)「これ見ただけでイメージがわくやろか」

334: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:06:13 ID:48X
「こんぐらい変化するときの関数ってなんじゃいね?」でええか

335: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:06:34 ID:shF
>>334
そうや

339: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:08:31 ID:shF
彡(゚)(゚)「これはつまり微分したあと積分したら元の関数ってことやな」

彡(゚)(゚)「これってつまり微分とは逆の動作を行っとることにならんか…?」

彡(゚)(゚)「つまり微分と逆のことをすれば積分になるってことやな」

341: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:10:45 ID:shF
彡(゚)(゚)「じゃあ試しにx^2の積分をするで」

彡(゚)(゚)「微分した関数がこうなるためにはどうしたらええんやろか」

彡(゚)(゚)「とりあえずx^nの微分を思い出すで」

342: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:12:03 ID:shF
彡(゚)(゚)「x^nの微分はnx^n-1やったな」

彡(゚)(゚)「問題のn-1は2や、これでnは2ってことがわかるな」

彡(゚)(゚)「でもこのまま答えをx^3にしたらいかんのはわかるやろか」

344: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:13:03 ID:shF
彡(゚)(゚)「じゃあここで問題やで」

問題:
先ほどの問題x^2の積分の答えに対してx^3が適当でない理由を答えよ

347: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:14:55 ID:8bm
x^3の微分は3n^2になるから
1/3n^3を微分すれば1/3*3x^2になる=x^2の積分は1/3n^3

これでええ?

349: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:15:10 ID:shF
>>347
正解!

352: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:17:19 ID:shF
彡(゚)(゚)「>>387ニキがきれいな答えを出してくれたな」

彡(-)(-)「そうや、だたああいうふうにしたんじゃ積分した関数を微分するといらん係数が出てくるんや…」

彡(゚)(゚)「そこでこのイラン係数を消すためにある数をかけるで」

353: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:20:34 ID:shF
彡(゚)(゚)「ここでx^3を微分した時のことを考えるで、そしたら微分した奴は3x^2や」

彡(-)(-)「ここで3x^2とx^2を比べると3といういらん奴がついとるな…」

彡(゚)(゚)「やけどもx^2は問題やからそこに手を加えられん、そこで考え方を変えて積分したあとに手を加えるんや」

彡(゚)(゚)「とりあえず今はx^3までは分かっとる、ここで微分したあとがx^2にしたいんやが」

彡(゚)(゚)「これって(x^3)/3で微分したらどうなるんやろな」

問題:
(x^3)/3の微分は?

354: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:21:29 ID:e1C
x^2でええんかね?

355: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:21:38 ID:Dbm
(x^3)/顔に傷負った人の横顔キスにしか見えないンゴ…

356: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:21:59 ID:shF
>>354
正解!

>>355
そう言われるとそうにしか見えんな…

357: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:23:50 ID:shF
彡(゚)(゚)「これを微分するとちゃんとx^2になるな、つまりこれが∫x^2dxの答えや」

彡(゚)(゚)「ここでx^nに対する積分の一般硬式を書いとくで」

∫x^ndx = (x^n+1)/n+1

358: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:24:57 ID:CoN
ワイも仲間に入れてくれ~

360: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:25:23 ID:shF
>>358
うぇるかむやで

359: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:25:14 ID:shF
彡(゚)(゚)「次は積分のイメージや」

彡(゚)(゚)「微分のイメージは出来るやろか、微分のイメージは細かいあいだの割合を求める感じやな」

彡(゚)(゚)「わからんかったら昨日のみてもらえば少しはましになるんやなかろうか」

361: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:27:42 ID:shF
彡(゚)(゚)「つまり微分は小さいものやな、これに対し積分はこの小さいものをいっぱい積み重ねたイメージや」

彡(゚)(゚)「よく言われるのが関数を積分すると面積になるってやつやな」

彡(゚)(゚)「これはどういうことかというと、関数の値とごく少量のxをかけると面積になるってことはわかるやろか」

362: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:28:45 ID:shF
彡(゚)(゚)「こんなかんじのイメージやな」
no title

363: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:30:08 ID:48X
変化の幅さえ満たしてたら、f(x)の軸との交点は何ぼでもあるんちゃう?

364: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:30:27 ID:vPH
no title

365: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:31:24 ID:shF
>>363
だからここではものすごい小さい変化を考えるんや

>>364
でも説明したいやん?

367: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:32:27 ID:shF
彡(゚)(゚)「で、さっきの積分は微分とは逆の操作ってのを思い出して欲しいで」

彡(゚)(゚)「小さくするのが微分やから、その逆ということは小さいのを集めて大きくすることやな」

彡(゚)(゚)「だから∫f(x)dxはf(x)をx足し合わせるイメージやな」

369: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:32:42 ID:shF
彡(゚)(゚)「ここまでOKやろか?」

370: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:32:53 ID:vPH
あくまでイメージの補助に出しただけやから

371: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:33:39 ID:shF
>>370
スマンな

374: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:35:24 ID:shF
彡(゚)(゚)「じゃあつぎ、最小作用の原理に行くで」

375: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:37:03 ID:shF
彡(゚)(゚)「ここである運動を考えるんや、これは坂に沿って運動しとるとする」

彡(゚)(゚)「そしてここでこの坂に出っ張りをつけるんや」

彡(゚)(゚)「そしたらこの出っ張りの分だけ余計な運動が増えるのはわかるやろか」

376: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:39:32 ID:e1C
ジェットコースター的なやつ考えればええんか?

378: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:40:28 ID:shF
>>376
坂道を転がる缶のほうがええかもしれん

379: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:40:48 ID:shF
彡(゚)(゚)「じゃあここでこの運動全部を積分しよか」

彡(゚)(゚)「この時の運動に関する関数をL(t)とするで、そしたら∫L(t)dtやな」

382: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:43:27 ID:shF
彡(゚)(゚)「この積分が最小になるように考えるで」

彡(゚)(゚)「この積分が最小ということはつまり坂道にさっきの凸凹がないんや」

彡(゚)(゚)「更に自然界は運動が最小になるように運動することは知っとるな」

彡(゚)(゚)「つまり逆を言えばさっきの積分が最小になるように運動するんや」

383: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:44:56 ID:LGj
>>382
無駄を省くのが自然の流れなんやな
お前らが仕事しないで家に閉じこもるのも
WADAさんの頭髪がなくなるのも
全部自然の流れなんやな

385: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:46:38 ID:shF
>>383
ワ…ワイは学生やし…(震え声)

384: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:45:57 ID:shF
彡(゚)(゚)「これがざっと言うと最小作用の原理や」

彡(゚)(゚)「これをイジイジするとラグランジュ方程式ってやつが出るんや、以下の式やで」

d(dL/dv)/dt - dL/dx = 0

388: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:50:14 ID:CoN
>>384
なんかいきなり式が複雑になったな~

389: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:50:53 ID:vPH
>>388
座標変換で形を変えないんやで

390: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:52:24 ID:shF
>>388
この式は実はニュートンの運動方程式を内包しとるんやで

391: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:52:50 ID:shF
彡(゚)(゚)「で、次はこのLって関数が何かって話やな」

彡(゚)(゚)「このLは次のようになっとるで」

L = T - U

彡(゚)(゚)「ここでTが運動エネルギー、Uが位置エネルギーや」

392: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:54:03 ID:shF
彡(゚)(゚)「皆は運動エネルギー、位置エネルギーを覚えとるやろか?」

問題:
位置エネルギーの式を表わせ

393: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:56:30 ID:vPH
この問題ってここまでの知識で分かるか?

394: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:57:01 ID:shF
>>393
あ…出せんな…
すまんな…

395: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)00:57:34 ID:vPH
U(r)=-∇F(r)
一次元では
U(x)=-dF(x)/dx

398: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:59:03 ID:shF
>>395
それは運動エネルギーやな

400: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)01:00:19 ID:vPH
>>398
FとUが逆って事にしてもらえれば位置エネルギーでええんちゃう

397: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)00:58:53 ID:shF
彡(-)(-)「スマンな、この問題は悪かったわ」

彡(゚)(゚)「ニュートン力学において運動エネルギーは以下の式で与えられるんや」

T = (mv^2)/2

彡(゚)(゚)「じゃあ今度は溶ける問題行くで」

問題:
先ほどの関数Lに運動エネルギーを実際に代入せよ

401: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:00:42 ID:shF
違うポテンシャルやったわ…

402: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:00:49 ID:shF
あかん頭動いてない

403: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)01:01:36 ID:vPH
自分もなぜベクトル値関数にgrad作用させてたのか分からんわ

404: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:02:18 ID:shF
>>403
F=gradUやな…
まあ切り替えていく

405: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:02:34 ID:shF
マイナスつけ忘れとった…

407: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:04:52 ID:shF
彡(゚)(゚)「まあ、気いとり直していくわ」

彡(゚)(゚)「次は位置エネルギーやな、位置エネルギーは座標に対する関数で力と以下の関係があるんや」

F = -dU/dx

彡(゚)(゚)「つまりU=-∫Fdxやな」

408: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:06:17 ID:shF
彡(゚)(゚)「ここまでで関数Lの中身がわかるようになったな」

彡(゚)(゚)「この関数Lのことをラグランジアンって言うんやで」

彡(゚)(゚)「じゃあ問題行こか」

問題:
ニュートン力学においてのラグランジアンLを表わせ

411: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)01:10:14 ID:CoN
>>408
L=(mv^2)/2-(-∮Fdx)
これであってるか?

413: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:14:42 ID:shF
>>411
あっとるで

409: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)01:09:23 ID:8bm
L=T-U
=(mv^2)/2-(ー∫Fdx)
=(mv^2)/2+∫Fdx
でいいのかな

正直まだ理解が追い付いてない感がある

410: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:09:39 ID:shF
>>409
あっとるでー

412: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)01:12:57 ID:4FI
物理の勉強したいと思っとるけど、大学の物理講義はガバガバ数学すぎて数学徒のワイはイライラしてしまうンゴ

414: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:15:02 ID:shF
>>412
物理数学は応用やからな…

415: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:15:09 ID:shF
彡(゚)(゚)「でたなあ、ここまでの知識で実はニュートンの運動方程式を導き出すことができるんや」

彡(゚)(゚)「そのために偏微分の知識つけようか…」

彡(-)(-)「って言っても微分する変数以外を定数として見る微分のことを偏微分って言うんやけどな」

彡(゚)(゚)「関数yを関数xに対して偏微分するのを以下の記号で表すで」

∂y/∂x

416: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:17:33 ID:shF
彡(゚)(゚)「だから正確にはさっきのラグランジュ方程式は以下のようになるんや」

d(∂L/∂v)/dt - ∂L/∂x = 0

彡(゚)(゚)「じゃあ次の問題行くで」

問題:
ラグランジアンLをL=(mv^2)/2 - U(x)としてラグランジュ方程式に代入せよ

444: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)12:13:04 ID:tb9
誰も>>416はやってないのか・・・
m(dv/dt)-(∂U/∂t)=0

448: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:04:20 ID:2wi
>>444
おっ、正解やで

418: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:24:33 ID:shF
彡(-)(-)「うーん、難しかったやろか」

419: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)01:25:08 ID:8bm
ちょっと情報が飲みこみ切れてないですね……

420: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:25:46 ID:shF
>>419
あー、そうかー
すまんな

422: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)01:27:56 ID:4FI
ワイはここらへん勉強したからまだ分かるけど、初見でxやvで偏微分するのは抵抗あると思うで

423: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:29:06 ID:shF
>>422
あー、じゃあ偏微分とかの説明を詳しくするべきやな

424: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:29:43 ID:shF
うーん、やっぱり数学を一回ちゃんと説明するべきやな

425: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)01:29:56 ID:vPH
でも他の変数を固定して普通に微分するって説明が一番しっくりくると思うで

427: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:32:42 ID:shF
>>426
>>425
あー、サンガツ
じゃあ次回ちゃんとまとめてみるか

426: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)01:31:37 ID:vPH
例えば∂L/∂vだけ求めるとか段階踏んだ方がいいと思う
あとxとvは独立ってことも説明した方がいい気が

428: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:33:46 ID:shF
じゃあ、次回歴史の説明は飛ばしてちゃんと数学の説明をするで

429: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)01:34:19 ID:8bm
どんどん歴史スレから数学スレに……ここまで来たら付き合うけども

430: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:36:57 ID:shF
>>429
ちゃんと歴史もするでー
一応メインは歴史やからな

431: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)01:37:35 ID:shF
消化不良ですまんな…
次回は11時からするで

432: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)01:38:59 ID:8bm
>>431
おつかれさまでしたー
なるべく復習しとくわ

434: 名無しさん@おーぷん 2015/08/07(金)08:41:53 ID:6DH
ひょっとしてここのイッチってブラックホールニキなんか?

435: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)23:07:16 ID:shF
>>434
ちゃうで

436: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)23:08:02 ID:shF
彡(゚)(゚)「今日も時間や…が!」

彡()()「体調崩してやれそうに無いんご…すまんな」

437: ◆hZARjKIhLU 2015/08/07(金)23:09:24 ID:shF
彡(゚)(゚)「明日までにはなおすわ…明日は11時からやるで」

447: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:03:43 ID:2wi
復活したでー

449: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:06:23 ID:2wi
彡(゚)(゚)「じゃあ、今日も始めるでー」

彡(^)(^)「今日は前から行ったとおり物理で使う数学の解説やな」

彡(゚)(゚)「一応微積分と簡単な行列はやるつもりや」

450: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:08:13 ID:2wi
質問やが、微分は前やったから飛ばしても大丈夫やろか…

452: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:11:06 ID:2wi
>>451
サンガツ、じゃあ微分は飛ばすことにするわ

453: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:13:05 ID:2wi
彡(゚)(゚)「じゃあ、微分はこのスレをたどってもらうことにして」

彡(゚)(゚)「まず積分から始めよか」

彡(゚)(゚)「積分はよく言われるのは線を面にする演算ってことやな」

454: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:14:54 ID:2wi
彡(゚)(゚)「積分の大雑把なイメージは小さい要素を全部足しあわせて面積や体積を計算するって感じや」

彡(゚)(゚)「例えばこういうグラフがあったとする」
no title

455: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:16:42 ID:2wi
彡(゚)(゚)「積分の大雑把なイメージで行くと、こいつのグラフで線とx軸で囲まれた面積はこんなかんじで計算しとる」


no title

※コラボ元:>>454

456: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:17:21 ID:2wi
彡()()「ファ!?、画像の読み込みに失敗しとるやんけ!」

457: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:18:40 ID:2wi
彡(゚)(゚)「画像書きなおしたでー」
no title

458: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:23:16 ID:2wi
彡(゚)(゚)「この直方体を計算すればここの面積の近似値は出るやろ?」

彡(゚)(゚)「積分はこの直方体の横幅を小さく小さくしていって正確な面積を出す感じやな」

彡(゚)(゚)「じゃあたとえとして>>457での面積はどうなるやろか」

問題:
>>457のグラフの関数をf(x)とする、ここで線とx軸で囲まれた面積を5個の長方形に分割し近似値を計算する
この長方形の一個の幅をbとする時、面積の近似値はどのように計算できるか

460: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)23:27:04 ID:KZC
区分求積か
Σ[i=1,5]b/5*f(i/5)
でええんかな

462: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:27:40 ID:2wi
>>460
幅はbで固定やで

463: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:28:05 ID:2wi
>>460
長方形一個の幅がbやでやからb/5やないな

465: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:28:29 ID:2wi
まあKZCニキはほぼ正解やな

466: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)23:28:36 ID:KZC
Σ[i=1,5]b*f(bi)

467: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:28:55 ID:2wi
>>466
正解やでー

468: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)23:29:30 ID:w5Y
f(1/5x)*b+f(2/5x)*b+f(3/5x)*b+f(4/5x)*b+f(x)*b
なんかクッソ長くなったンゴ……区分求積とかわからんけ力技や

469: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:30:24 ID:2wi
>>468
力技でもええやん!、正解やで…やがxはbのほうがエレガントな解答やな

471: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)23:32:03 ID:w5Y
>>469
b使うならf(b),f(2b)…って感じでええかな?

472: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:32:17 ID:2wi
>>471
せやな

473: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:33:32 ID:2wi
彡(^)(^)「いろいろ正解でとるな!」

彡(゚)(゚)「極限はやっとるから極限の考え方を使うで」

彡(゚)(゚)「一つの長方形の横幅を狭めていくで」

476: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:36:57 ID:2wi
彡(゚)(゚)「長方形の幅をhとするとf(x)においてh分だけ進んだところはf(x+h)やな」

彡(゚)(゚)「これに対して極限をつかうで」

彡(゚)(゚)「するとlim[h->>0]f(x+h)-f(x)はどうなるやろか」

477: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:38:57 ID:2wi
彡(゚)(゚)「まあ普通に考えると0に近づいていくな」

彡(゚)(゚)「つまりここでは幅がほぼゼロに近い長方形ができるわけや」

彡(゚)(゚)「その時のここの長方形の角を考えるで」

彡(゚)(゚)「すると極限をとっとるからf(x)の一点だけを考えればいいわけになるな」

478: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:40:56 ID:2wi
彡(゚)(゚)「ここでこの関数f(x)にとっても小さい幅のdxをかけてみたらこれは何を意味しとるやろか…」

問題:
f(x)*dx、これは何を意味しているか

479: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)23:42:25 ID:KZC
>>478
長方形の面積でエエんか?

480: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:43:31 ID:2wi
>>479
正解やで

481: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:45:30 ID:2wi
彡(゚)(゚)「もっと言うとごく狭い幅の長方形の面積やな」

彡(゚)(゚)「話の最初を思い出してもらうで面積を求めるのが積分やったな」

彡(゚)(゚)「じゃあこの微小な幅の長方形の面積の和を求めたら全体の面積にならんやろか…?」

482: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:47:21 ID:2wi
彡(゚)(゚)「ここで積分の記号を出すでそれが∫(インテグラル)や」

彡(゚)(゚)「この∫はΣ、つまり総和みたいなものやな」

彡(゚)(゚)「Σとの違いは飛び飛びの値か、そうでないかで使い分けるで」

彡(゚)(゚)「じゃあこの場合はどのように表されるやろか」

483: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:49:46 ID:2wi
彡(゚)(゚)「まず微小な幅の長方形の面積を考えるで、これはさっき出したようにf(x)dxやな」

彡(゚)(゚)「で、これの総和を求めるんや。さっきはなしに出したように∫を使えばええことがわかるな」

彡(゚)(゚)「これはΣと同じような書き方をするんや、つまりこの場合は∫f(x)dxやな」

彡(゚)(゚)「で、これがグラフとx軸との面積になるって寸法や」

484: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:51:53 ID:2wi
彡(゚)(゚)「で、本当はこれをいうのは嫌なんやが。理解の助けになるからいおか」

彡(゚)(゚)「この積分って操作は前に行ったかもしれんが微分とは逆の操作を行っとるんや」

彡(゚)(゚)「つまり∫(dy/fx)dx = yやな」

彡(゚)(゚)「これから微分とは逆の計算を行えば積分ができるということになるんや」

486: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)23:55:49 ID:w5Y
>>484
なんで嫌なんや?

496: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:02:47 ID:v9I
>>486
積分と微分は別々に進化していったから同じにするのは…

485: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:55:42 ID:2wi
彡(゚)(゚)「じゃあ2xの積分はどうなるやろか」

彡(゚)(゚)「先にいくつかの積分公式を与えとくで」

彡(^)(^)「できればこれらの公式の導出にチャレンジや!!」

∫x^ndx = x^n+1/n+1 + C

∫sinxdx = -cosx + C

∫cosxdx = sinx + C

∫(f(x) + g(x))dx = ∫f(x)dx + ∫g(x)dx

488: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)23:56:45 ID:wPM
>>485
x^2

489: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:57:07 ID:2wi
>>488
正解や!

487: 名無しさん@おーぷん 2015/08/08(土)23:55:59 ID:KZC
どういうことや?と思ったが
∫(dy/dx)dx = y
こうか

490: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:57:54 ID:2wi
彡(゚)(゚)「…気がついたらしらん文を打っとった」

彡(^)(^)「まあええわ!」

491: ◆hZARjKIhLU 2015/08/08(土)23:58:31 ID:2wi
彡(゚)(゚)「じゃあ簡単な計算問題しよか」

問題:
2x^2+3xの積分は?

問題
-2sinxの積分は?

492: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)00:01:03 ID:T8A
2/3x^3+3/2x^2+C

2cosx+C

493: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:01:21 ID:v9I
>>492
正解や!

494: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)00:01:56 ID:T8A
2x^3/3+3x^2/2+C
の方が良かったか

495: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)00:01:56 ID:gh4
∫(2x^2+3x)dx=2/3x^3+3/2x^2+C
∫(-2sinx)dx=2cosx+C

高校時代の三角関数のにがーい思い出が蘇ってくるで……

497: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:02:53 ID:v9I
>>495
正解やでー

500: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:04:24 ID:v9I
彡(゚)(゚)「一応これで積分の説明は終わりやな」

彡(゚)(゚)「もっというと積分は式の次元を一つ上げるって作用があるんや」

彡(゚)(゚)「微分はこの逆で次元を下げるんやな」

彡(゚)(゚)「まあ、この話はええは先行くで」

501: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:05:36 ID:v9I
彡(゚)(゚)「じゃあ次は偏微分やな」

彡(゚)(゚)「偏微分は名前見たらわかるとおり微分の仲間…と言うか上位互換や」

彡(゚)(゚)「もっと言うと多変数の関数に対する微分やな」

502: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:07:51 ID:v9I
彡(゚)(゚)「偏微分は微分する変数以外を定数として見る微分や…って言ってわかるやろか」

彡(゚)(゚)「例えば次の関数をxについて偏微分するで」

f(x,y) = 2xy + 3x + 4y

彡(゚)(゚)「この場合の答えはこうやな」

∂f(x,y)/∂x = 2y + 3

彡(゚)(゚)「これ見てイメージわくやろか」

503: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)00:09:00 ID:T8A
x以外は定数と見ろってことやろ

504: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:09:10 ID:v9I
>>503
そうや!

505: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:09:23 ID:v9I
彡(゚)(゚)「一応問題出して反応みよか」

問題:
f(x,y) = 2y^2x^2 + 3x^3 + y に対しyで偏微分せよ

506: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)00:10:29 ID:9nO
>>505
4yx^2+1

507: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:10:49 ID:v9I
>>506
正解や!

508: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:12:01 ID:v9I
彡(^)(^)「じゃあこれで一応偏微分もOKって認識でええやろか」

彡(^)(^)「次行くで!次はみんな大好き線形代数や!」

彡(゚)(゚)「まあさわりしかやらんけどな」

509: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:13:55 ID:v9I
彡(゚)(゚)「線形代数学は2つの目的があって生まれたものや、」

1,ベクトルを扱うため
2,方程式を機械的に解くため

彡(゚)(゚)「この2つやな」

510: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:14:53 ID:v9I
彡(゚)(゚)「まず一つ目のベクトルを扱うところを考えるで」

彡(゚)(゚)「皆はベクトルの性質は覚えとるやろか?」

512: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:17:56 ID:v9I
彡(゚)(゚)「…まず皆はベクトルって何か覚えとるやろか?」

513: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:18:09 ID:v9I
問題:
ベクトルとはなにか

514: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)00:18:35 ID:T8A
大きさと向きをもった量?

515: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:18:46 ID:v9I
>>514
正解やで!

517: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:21:29 ID:v9I
彡(゚)(゚)「そう、ベクトルは大きさと向きを持った量なんや」

彡(゚)(゚)「ここで重要なのは向きを持っているってことなんや」

彡(゚)(゚)「例えば2次元のベクトル(x,y)を考えると」

a*(x,y) = (a*x,a*y)
(x,y) + (a,b) = (x+a,y+b)

彡(゚)(゚)「なんかの性質があるな」

518: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:23:01 ID:v9I
彡(゚)(゚)「ここで2つ目に注目するで、ベクトルではそれぞれの成分同士を足しとるんやな」

彡(゚)(゚)「じゃあn個の成分を持つベクトルはどうなるやろか…」

問題:
n個の成分を持つベクトルの足し算はどうなるか

519: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)00:23:45 ID:T8A
そらn個の成分同士の足し算よ

521: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)00:25:07 ID:gh4
(a1,a2,a3……,an)+(b1,b2,b3…,bn)=(a1+b2,a2+b2,a3+b3…,an+bn)
てこと?

520: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)00:23:54 ID:gVJ
先生、ベクトルの成分ってなんですか?

522: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:25:21 ID:v9I
>>519,>>521
正解や!

>>520
そこも説明しとこか

528: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:33:30 ID:v9I
彡(゚)(゚)「つまりこの球の座標は2つの大きさで表せるんや」

彡(゚)(゚)「つまりその空間の座標を表すために必要な大きさ、これがベクトルの成分やな」

彡(゚)(゚)「もっと知りたかったら>>523の言うとおりベクトル空間で調べたほうがええで」

彡(゚)(゚)「個人的にはラングって人の線形代数学って本を読むのもおすすめや」

525: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:28:48 ID:v9I
彡(゚)(゚)「ベクトルの成分って何って指摘があったから説明するで」

彡(゚)(゚)「例えば紙の上を転がる1つの玉の運動を考えるで、頭見んなや」

彡(゚)(゚)「そしたらこの運動を表すのに必要な座標軸の数は何個やろか?」

問題:
紙の上を転がる球の運動を表すのに必要な座標軸の数はいくつか


526: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)00:30:20 ID:9nO
>>525
2つ?

527: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:30:45 ID:v9I
>>526
正解やな

529: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:35:17 ID:v9I
彡(゚)(゚)「じゃあ話を戻そか」

彡(゚)(゚)「これでベクトルの加算の定義をすることができたな」

(a1,a2,a3……,an)+(b1,b2,b3…,bn)=(a1+b2,a2+b2,a3+b3…,an+bn)

彡(゚)(゚)「更にこれは引き算も内包しとる」

彡(゚)(゚)「あと必要な動作は掛け算が出来れば代替できるな、じゃあ掛け算を定義しよか」

530: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:36:37 ID:v9I
彡(゚)(゚)「まあ正確に言うとそんなん意味ないんやがな」

531: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:41:02 ID:v9I
彡(゚)(゚)「じゃあまず内積って奴逝くで」

彡(゚)(゚)「ここにaとbの2つのベクトルがあるとする、ただしbはx軸と同じ方向や」

彡(゚)(゚)「こいつのbに対するaの掛け算を考えるで」



no title

532: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:43:09 ID:v9I
彡(゚)(゚)「ほんだら、こいつの掛け算に寄与するのはaのx成分だけやな」

彡(゚)(゚)「じゃあこの場合のbのx成分の掛け算はどうなるやろか」

533: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:44:30 ID:v9I
彡(-)(-)「…やっぱ説明を変えるわ、スマンな」

534: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:52:02 ID:v9I
彡(゚)(゚)「たとえば以下のように球体がある場合を考えるで、ただしaはx軸と水平や」

彡(゚)(゚)「で、この球はa方向に対してだけはa倍の効率で進むんや」

彡(゚)(゚)「で、この球は本来aの方向に行きたいんやが、謎の力bがかかったとする」

彡(゚)(゚)「このbは大きさと角度は分かっとるんやな、じゃあ力がbしかかかっとらんときa方向にはどれだけ進むんやろか」

問題:
ある球が存在し、この球はx軸方向にはa倍の効率で進む。
この球にある力bが角度θでかかったとする、この時x軸方向にはどれだけの力がかかるだろうか
no title

535: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)00:58:02 ID:Jga
bcosθや

536: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:58:21 ID:v9I
>>535
おお、正解やで…

537: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)00:58:39 ID:gh4
力はbだけなんよな?
ならb*cosΘでbの中のa方向の力ってことでいい…はず

538: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)00:59:11 ID:v9I
>>537
正解!

539: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:01:16 ID:v9I
彡(-)(-)「…引っかからんかったか」

彡(゚)(゚)「そうや力しか見とらんから力だけならb*cosθや」

彡(゚)(゚)「皆三角関数使えとるなぁ…」

彡(゚)(゚)「じゃあこれやったらどうやろ」

問題:
ある球に力Fが角度θでかかっているとする、この時この球をx軸方向にa動かした時の仕事はいくらかの

540: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)01:04:25 ID:Zqz
aFcosθ

541: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:04:35 ID:v9I
>>540
正解や!

543: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:06:13 ID:v9I
彡(゚)(゚)「ここでベクトルの内積を定義するで」

ベクトルa,bに対しabcosθ

彡(゚)(゚)「これは2つのベクトルがどれくらい同じ方向向いとるかって意味のものや」

545: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:08:14 ID:v9I
彡(゚)(゚)「さっきの問題の説明をしよか」

彡(゚)(゚)「ベクトルのx方向の成分はFcosθで取り出せるんや」

彡(゚)(゚)「仕事は距離×力でa進んどるはずやから」

彡(゚)(゚)「仕事はaFcosθになるんやな」
no title

546: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:11:17 ID:v9I
彡(゚)(゚)「実はこれの内積はベクトルが2次元または3次元の時にたまたま成り立っとるにすぎん」

彡(゚)(゚)「もっと一般的に逝くで」

ベクトル(a1,a2,a3....an),(b1,b2,b3....bn)に対し内積はa1b1+a2b2+a3b3+....anbn

彡(゚)(゚)「これがちゃんとした内積の定義やな」

547: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)01:13:53 ID:pLl
別に4次元とか5次元でも成立するんじゃないか?
代数的に定義するか幾何学的に定義するかの違いなだけで

551: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:17:53 ID:v9I
>>547
…昔読んだ教科書にはそうかいとったで

554: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)01:19:54 ID:pLl
>>551
例えばより大きなnに対してR^nの2本ベクトルは、その高々2次元部分空間を作るじゃん
それはR^2と同一視できるからそこで「角度」というものを定義できるからいけると思うよ
あくまでイメージがしにくいってだけで

556: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:20:30 ID:v9I
>>554
あーそうかもしれんな…ちょい考えてみるサンガツ

549: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)01:14:35 ID:gh4
さっきのaFcosΘのaはa方向に動くで~って書いてただけなのか

552: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:18:00 ID:v9I
>>549
そうやで

550: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:16:03 ID:v9I
彡(゚)(゚)「外積ってやつもあるが一旦都バスで」

彡(゚)(゚)「じゃあ次ベクトルの整数倍を考えよか」

彡(-)(-)「…って思ったけどベクトルの整数倍は各要素にかける数をかけるだけや」

彡(゚)(゚)「一応これでベクトルのある程度の計算はできるようになったな」

553: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:19:37 ID:v9I
彡(゚)(゚)「じゃあ次線形代数学の方程式をとくほうに行こか」

彡()()「って思ったけど睡魔が来たンゴ…」

彡(゚)(゚)「すまんな」

555: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:20:06 ID:v9I
(…まあ無理すればいけんことも無いけどな)

557: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)01:21:42 ID:gVJ
数学的な4次元5次元ってなんなの?

560: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:22:48 ID:v9I
>>557
線形代数の行列ってやつで重要になってくる概念で、例えばnこの変数で状態を洗わせるときn次元って言う

561: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)01:23:46 ID:Flx
ファッ!?
しばらく居ない間にスレが予想外な方向に進んでるンゴ・・・

563: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:23:55 ID:v9I
>>561
すまんな

562: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:23:49 ID:v9I
状態を記述するのに必要な変数の個数だよ

564: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)01:24:29 ID:gVJ
次元っていうのは縦横高さとかそういうのじゃないってことね
なるほど

569: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)01:27:45 ID:pLl
>>564
例えば2次元の数空間(平面)ってのは(1,0)と(0,1)っていうベクトルが基底の一つになる
要するにその空間の任意の元が基底の線形結合で一意的に表現されるということ
少しわかりにくいかもしれんな

566: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:25:11 ID:v9I
彡(-)(-)「じゃあ明日も同じ時間にやるで…ほな」

567: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)01:25:23 ID:gh4
>>566
おつかれさまやで

568: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)01:25:53 ID:v9I
>>567
IDが質量が4kgの時の位置エネルギー

570: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)02:00:01 ID:zZW
おや?こっちの方向に進んだのか。
線形代数・・・いきなり高次までの一般化に繋げる気かな?

ちなみに>>1は物理屋なのか?物理化学屋っぽさも感じる。
なんとなく経路積分スキーな感じが見受けられるんで
電磁気学が好きな気もするが、量子化学っぽさがかすかにしかしない。

572: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:07:45 ID:v9I
>>570
…物理屋やで、尚工学もする模様

575: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:12:04 ID:v9I
>>570
経路積分はだいすきやで、あと電磁気もすきや。
量子化学もすきやがそこまでやな

574: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:10:53 ID:v9I
彡(゚)(゚)「今日も今日とて始めるで」

576: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:13:43 ID:v9I
彡(゚)(゚)「…今日、行列やるっていっとったやん?」

彡(-)(-)「何かよう考えたらやる内容の中ではそこまで必要や無いから一応飛ばすことにするわ」

彡(゚)(゚)「もしやることになったらちゃんと説明するから心配せんでええで」

577: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:15:28 ID:v9I
彡(゚)(゚)「で、歴史の話するでー」

彡(゚)(゚)「今までやった内容は古典力学の形成までやったな」

彡(゚)(゚)「ここから物理学の目はもっと小さいところや今まで謎やった現象に目が向けられていくんや」

579: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:17:55 ID:v9I
彡(゚)(゚)「まずは熱力学の話から始めよか」

彡(゚)(゚)「熱力学は蒸気機関の発達とともに進化していったんや」

彡(゚)(゚)「蒸気機関って何か覚えとるか?」

581: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)23:19:52 ID:5JH
蒸気の力でピストンを動かして機械を動かす仕組み
お蔭で人力が全ての時代から一気に産業が発達したってやつ
人手もいらんし、人間では到底扱えない大機械(列車とか)も動かせるようになった

582: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:20:58 ID:v9I
彡(゚)(゚)「気体の膨張収縮を動力として活用するのが上記期間やったな」

彡(゚)(゚)「ただ、蒸気機関の開発研究は経験則的に行われよったんや」

彡(゚)(゚)「ただ、少し進むとカルノーって人がカルノーサイクルっていう凄いものを見つけたんや」

584: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:25:58 ID:v9I
彡(゚)(゚)「熱力学の本なんかではこのカルノーサイクルから熱力学の本格的な研究が始まったって言うのも多いな」

彡(゚)(゚)「ここでエネルギーの方向と質に関する熱力学第二法則や乱雑さを表すエントロピーの概念なんかを含んどったんやが…」

彡(-)(-)「この時の物理は熱は熱素というものって説が一般的でな…あまり重要性が認識されんかったんや」

585: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:28:23 ID:v9I
彡(゚)(゚)「カルノーサイクルの重要性について知られるのは、もっとあとのトムソンとかいうおっさんが熱力学の研究を始めてからやな」

彡(゚)(゚)「でも、一応こういうものが生まれたんや」

彡(゚)(゚)「同時に研究されとったのは物質の熱の伝わり方や」

586: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:32:05 ID:v9I
彡(゚)(゚)「物質の熱の伝わり方は正確に言うと固体物理学が関係してきたりめんどくさいんやが、そういう量子的な奴は置いとくで」

彡(゚)(゚)「熱の冷却の方なら実は昔に研究されとったんや、固体を液体とかに入れた時の冷却の様子はニュートンの冷却の法則ってやつに近似的に従っとる」

彡(゚)(゚)「しかしここではもっと大きな枠組で見るで」

587: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)23:34:25 ID:gVJ
永久機関ってのは燃料がなくても永久に動き続けるやつ?

591: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)23:36:25 ID:9nO
>>587
まあそんな感じやな

593: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:37:25 ID:v9I
>>587
第一種永久機関と第二種永久機関があって
第一種永久機関は何もせずに仕事を取り出せるやつ
第二種永久機関は吐き出したエネルギーを回収してまた使うやつやな

599: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:42:40 ID:v9I
彡(゚)(゚)「永久機関やが>>593に書いたように2つの永久機関がああるんや」

彡(゚)(゚)「最初に考えだされたのは第一種永久機関や、この概念を実現するためにいろんな人が頑張ったんやが無理やったんや」

彡(゚)(゚)「そこでマイヤー・ジュール・ヘルムホルツがそれぞれこう考えたんや」

彡(゚)(゚)「エネルギーの総和は変化しないと」

588: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:35:00 ID:v9I
彡(゚)(゚)「例えば鉄の棒の端を持っとるとするで、こいつの持ってない方を熱してもすぐには暑くならんやろ?」

彡(゚)(゚)「ここで熱は何かの流れと考えたんやな、流体力学みたいに流れの式として表したんや」

彡(゚)(゚)「この式を考えて解いたのがフーリエさんやな、名前はもしかしたらきいたことあるかもしれんがフーリエ変換のフーリエさんや」

592: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)23:37:14 ID:9nO
でもあんまり関係なさそうやな

594: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:37:45 ID:v9I
>>592
…むちゃくちゃ関係あるで(ボソッ)

595: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:38:38 ID:v9I
彡(゚)(゚)「さっきから永久機関の話出てきとるから永久機関の話と熱力学の法則の話しに行こか」

597: 名無しさん@おーぷん 2015/08/09(日)23:38:54 ID:gVJ
原子力は第2種永久機関にはできへんのですか?

598: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:39:09 ID:v9I
>>597
無理どす

600: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:46:15 ID:v9I
彡(゚)(゚)「こうして編み出されたのが熱力学第一法則や」

彡(゚)(゚)「じゃあ熱力学第一法則は認めるから、仕事は取出さずにずっと運動するものをつくろう」

彡(゚)(゚)「これが第二種永久機関の発送やな」

彡(-)(-)「しかしこれをつくろうにもどうも作れん、そこでこう考えた」

彡(゚)(゚)「エネルギーには質があって悪い方から良い方へ100%変換できん、つまりロスができる」

彡(゚)(゚)「これが熱力学第二法則や」

601: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:48:23 ID:v9I
彡(゚)(゚)「こうして永久機関への道は閉ざされたんやな」

彡(-)(-)「まあ、今でも永久機関を研究しとる奴はゴロゴロおるがな…」

602: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:50:28 ID:v9I
彡(゚)(゚)「こうして熱力学ができて次はマクロなものを総じて見る統計力学になっていくんや」

彡(-)(-)「…ただし統計力学はまたあとで説明するから一旦飛ばすわ」

彡(゚)(゚)「次は電磁気学の説明するで!!」

603: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:52:53 ID:v9I
彡(゚)(゚)「電磁気学はすきやから力入れて説明するで~」

彡(゚)(゚)「電磁気学は実は結構昔から研究されとったんや」

彡(゚)(゚)「それこそ古代ギリシャの時代には磁石の極性や琥珀がゴミを吸い付けることなど電磁気学の基礎的なものは見つかっとったんやが」

彡(-)(-)「そこまでで研究は進んどらんかったんや…」

607: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:55:31 ID:v9I
彡(゚)(゚)「あるときウィリアム・ギルバートって人はもしかすると琥珀以外も惹きつける能力を持っとるかもしれんと考えたんやな」

彡(゚)(゚)「そこでいろいろ研究すると樹脂やガラスなんかも引きつける力を持つことがわかったんや」

彡(-)(-)「…やがまた電磁気の研究は止まったんやな」

610: ◆hZARjKIhLU 2015/08/09(日)23:57:22 ID:v9I
彡(゚)(゚)「しかし少し経つと重要なものが発見されるんや」

彡(゚)(゚)「それが電気伝導や」

612: ◆hZARjKIhLU 2015/08/10(月)00:12:16 ID:YkC
彡(゚)(゚)「この電気伝導はつまり電気が流れるものやってことを発見したんや」

彡(゚)(゚)「この時期から電磁気学の研究が少しづつ進んでいくんやな」

彡(゚)(゚)「少し経つとライデン瓶ってものが作られたんや、これは後々重要になるんやが簡単に言うと電気を蓄えるツボやな」

613: ◆hZARjKIhLU 2015/08/10(月)00:16:54 ID:YkC
彡(゚)(゚)「更に少し経つとフランクリンっておじさんが雷は電気だってことを実験で証明したんや、この時使われたのが凧とさっきのライデンびんや」

彡(゚)(゚)「更に少し経つと今度はガルバーニおじさんが動物電気ってものを発見しおった」

彡(゚)(゚)「まあ、これは間違えた物やったんやが。これを通じてボルタってやつが電池を創りだしたんや」

彡(゚)(゚)「ここから電磁気学の本格スタートやな」

614: ◆hZARjKIhLU 2015/08/10(月)00:20:09 ID:YkC
彡(゚)(゚)「今日はここまでにしとこか…」

彡(゚)(゚)「いっつもやっとる詳しい内容の方は用事があるから今日はおやすみするで…」

彡(^)(^)「ほな明日も同じ時間に」

615: 名無しさん@おーぷん 2015/08/10(月)00:20:36 ID:gtc
お疲れやで~

619: ◆hZARjKIhLU 2015/08/11(火)22:28:16 ID:D8c
彡()()「体調悪いの治らん…」

彡()()「用事もあるし、次できるの金曜や…」

彡()()「すまんな…」


626: ◆hZARjKIhLU 2015/08/16(日)22:59:22 ID:5Zr
彡(゚)(゚)「お久しぶりやな」

彡(゚)(゚)「いろいろ用事があってできんでスマンな」

彡(^)(^)「これからはバンバン行っていくで!」


627: ◆hZARjKIhLU 2015/08/16(日)23:02:27 ID:5Zr
彡(゚)(゚)「まあ今日はできんから明日からなんやけどな」

彡(゚)(゚)「明日は11時からやるわ」

628: 名無しさん@おーぷん 2015/08/16(日)23:06:09 ID:5FH
ひさしぶりイッチ
体調はいいんか?

629: ◆hZARjKIhLU 2015/08/16(日)23:09:36 ID:5Zr
>>628
バッチリやで、これからはどんどん行けるわ

632: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:13:01 ID:YIS
彡(゚)(゚)「やあ皆、今日も始めよか」

彡(^)(^)「今日は電磁気学の話からやったな」

彡(^)(^)「早速進めていこうか」

633: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:14:21 ID:YIS
彡(゚)(゚)「前は電池の発明までやったな」

彡(゚)(゚)「次に話すのはクーロンの話やな」

634: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:17:33 ID:YIS
彡(゚)(゚)「クーロンは技術将校で羅針盤の改良なんかをしとった人や」

彡(゚)(゚)「この人は自分で作ったねじれ秤ってやつでクーロン力を発見したんやな」

彡(゚)(゚)「クーロン力は式としては以下の式やな」
F=k*q1*q2/r^2

彡(゚)(゚)「このクーロン力はいろいろ重要な意味を持っとったんや」

635: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:21:03 ID:YIS
彡(゚)(゚)「まず式の形」

彡(゚)(゚)「この式は距離の二乗で割っとるやろ、これは全方位に偏りなく作用することを表しとる」

彡(゚)(゚)「つまりクーロン力は球場に作用を及ぼすんや」

彡(゚)(゚)「まあ、詳しい話は電場って概念がでてからやな」

636: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:24:30 ID:YIS
彡(゚)(゚)「次に遠隔作用の考え方や」

彡(゚)(゚)「クーロン力は距離の二乗に反比例して片方の電荷に作用するんやが」

彡(゚)(゚)「ここの電荷の間には何にもなく、遠くの電荷に直接作用しとるように見える」

彡(゚)(゚)「これが遠隔作用やな」



637: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)23:25:58 ID:uPS
お、おう…?

639: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:27:01 ID:YIS
>>637
どこがわかんない?

641: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)23:29:33 ID:uPS
>>639
距離の二乗で割ってると球状に作用して全方位に偏りがないってどういうことや?

遠隔作用はA点からC点に作用するとき、B点ではなにも起こってないみたいなことでええ?

643: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:31:09 ID:YIS
>>641
球体をイメージしてもらえんやろか、その球体の半径をrとしたら球体の面積は4πr^2やな
ここまではOK?

644: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)23:33:27 ID:uPS
>>643
オッケーやで

645: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:35:20 ID:YIS
>>644
じゃあ、距離が2の時と3の時の面積を考えると16πと36πだってわかるよね
つまり距離に対して面積が4倍、9倍になってるってことはOK?

647: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)23:37:39 ID:uPS
>>645
OK

649: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:41:57 ID:YIS
>>647
じゃあ、次にその球の中心に点があると考えて
その点から四方八方に偏りなく矢印が出てるのを想像してみて
OK?

651: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)23:44:55 ID:uPS
>>649
その矢印ってのが例のクーロン力なんな
んで、力が届く距離がn倍なら届く範囲面積はn^2倍になるってことでいい?

652: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:45:52 ID:YIS
>>651
まあ正確に言うとその矢印の面積密度やけどな

654: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)23:49:19 ID:uPS
>>652
ほう、密度…発生する矢印がどのくらい多いか≒クーロン力ってことか

656: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:50:44 ID:YIS
>>654
そういうイメージでOK

638: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:26:51 ID:YIS
彡(゚)(゚)「ここらの電磁気学は遠隔作用を元に進化しとったな」

彡(゚)(゚)「電磁気学の次は電気と磁気の関係性の解明やな」

640: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:29:11 ID:YIS
彡(゚)(゚)「電気と磁気を見比べると色々似通っとるところがある」

彡(゚)(゚)「例えば両方とも同じものは反発しあって違うものは引き合ったりな」

彡(゚)(゚)「こうなってくると電気と磁気の研究に進むのは自然なことや」

642: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)23:30:16 ID:9Xo
>>640
引力と斥力のことやな

646: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:36:10 ID:YIS
彡(゚)(゚)「まずはロマニョーシって地味な人がボルタ電池が磁石に与える影響を調べようとしたんやが、まあ失敗したんやな」

彡(゚)(゚)「そののちにエルステッドって人がある実験をして電流の磁気に対する作用を発見したんや」

648: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:40:30 ID:YIS
彡(゚)(゚)「その実験はこうや」

彡(゚)(゚)「まず方位磁針を台の上において、その上に磁針に対して平衡にピンと電線を張るんや」

彡(゚)(゚)「ここで電線に電池をつないだらどうなるんやろな」

650: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:43:28 ID:YIS
彡(゚)(゚)「実験結果をいうと磁針がふれたんや」

彡(゚)(゚)「しかも電池のつなぎ方を逆にすると磁針も逆にふれるんや」

彡(゚)(゚)「で、電流って言うのは電気の流れやから電気と磁気に何かしらの関係があるのがわかるな」

653: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:48:19 ID:YIS
彡(゚)(゚)「これにより、この後はからいろいろ進んでいったんや」

彡(゚)(゚)「まずアンペールってやつの話からやな」

彡(゚)(゚)「こいつは平行に張った二本の電線の間にも力が働くことを見つけたんや」

655: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:50:27 ID:YIS
彡(゚)(゚)「こいつも電池のつなぎ方を変えると力の及ぼし方が引力や斥力に変化した」

彡(゚)(゚)「更に釣ったコイルに電流を流すとこいつは方位磁針と同じ働きをしたんや」

彡(゚)(゚)「これにより電気と磁気が作用しとることが確定的になったんやな」

657: 名無しさん@おーぷん 2015/08/17(月)23:53:28 ID:Doy
ガリレオだか誰かが高いとこからなんか落として何か証明したやつ伝記で読んだんだけど忘れちゃった
どういうやつだっけ?

659: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:55:26 ID:YIS
>>657
ピサの斜塔から重さの違うものを落として時間を計測するって実験だな。
それで差がなかったから物体の落ちる時間は重さに関係ないって事になった

658: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:54:21 ID:YIS
彡(゚)(゚)「更にアンペールはこのコイルに注目したんや」

彡(゚)(゚)「コイルは電池に繋ぐ端子があるやん?その端子が繋がれとってコイルの中を電流が流れとったらどうなるんやろ」

彡(゚)(゚)「多分磁石と同じ働きをすると推測できるな」

彡(゚)(゚)「じゃあ更に考え方を発展させて磁石の中に小さい端子をつないだコイルが入っとると考えられんやろか…?」

660: ◆hZARjKIhLU 2015/08/17(月)23:59:09 ID:YIS
彡(゚)(゚)「これがアンペールの分子電流説や」

彡(゚)(゚)「この考えはかなりいい線いっとって、例えば磁石に必ずN極とS極があったりすることを説明できるんや」

彡(゚)(゚)「他にも電子がぐるぐる回ってるっていうのは、中心に原子核の考え方を追加すれば原子の考え方に近くなるしな」

彡(゚)(゚)「まあ、これらによって結局電気を研究すればええって事になって電気の研究に戻ってくるんや」

661: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)00:01:42 ID:61h
彡(゚)(゚)「更にアラゴとデービィの電磁石の発見とかあったんや」

彡(゚)(゚)「更に経つと次はビオ・サヴァールの法則ってやつを発見してコイルとかの性質を式で表せるようになったんや」

662: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)00:03:16 ID:61h
あ…ビオ・サバールの法則とアラゴとデービィ逆やった…

663: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)00:06:03 ID:61h
彡(゚)(゚)「次に発見されたのは電磁誘導や」

彡(゚)(゚)「これを発見したのはファラデーさんやな」

彡(゚)(゚)「この人がやった実験はこうや」

665: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)00:07:47 ID:61h
彡(゚)(゚)「鉄の輪を用意してその両端にコイルを巻くんや」

彡(゚)(゚)「で片方は閉じたコイルにして、その近くに方位磁針を置く」

彡(゚)(゚)「で閉じてない方のコイルに電池をつなぐんや」

666: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)00:10:02 ID:61h
彡(゚)(゚)「そうすると電池をつないだ瞬間だけ方位磁針が触れたんや」

彡(゚)(゚)「前に方位磁針が触れる=電流が流れているって分かっとたから、これにより閉じたコイルの中で電流が流れとったことになる」

彡(゚)(゚)「更に前に電磁石が見つかっとるからファラデーさんはこう考えたんや」

667: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)00:11:44 ID:61h
彡(゚)(゚)「この鉄の輪にはコイルが巻かれとって、そのコイルに電流が流れとる」

彡(゚)(゚)「つまりこの時鉄の輪は電磁石になっとるわけや」

彡(゚)(゚)「じゃあ逆に鉄の輪が磁石になった時そのコイルには電流が流れんやろか…?」

668: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)00:13:43 ID:61h
彡(゚)(゚)「まあこの考えは正しかったんやな」

彡(゚)(゚)「更にスイッチを入れた時だけってのは電磁石のオンオフが関係しとる事がわかる」

彡(゚)(゚)「つまりコイルの中で磁石を動かしとるのと同じことやなかろか…?」

669: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)00:17:34 ID:61h
彡(゚)(゚)「これらの考察により電磁誘導が発見されたんや」

彡(゚)(゚)「更にこの時電気力線や磁力線って概念も生み出したんや」

彡(゚)(゚)「これは今までの電磁気学をうまく説明しとった」

彡(゚)(゚)「更にこいつらの考えを使うと電荷や磁石は電気力線や磁力線を介して作用しとることになる」

彡(゚)(゚)「つまり近接作用によりなっていると説明したんや」

670: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)00:18:21 ID:61h
彡(-)(-)「更にこの考えを広げると場というものに辿り着くんやが…」

彡(゚)(゚)「この先は今度説明するで」

671: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)00:18:55 ID:61h
彡(^)(^)「今日はここまでにするでー」

彡(゚)(゚)「明日も同じ時間にするわ」

彡(^)(^)「ほな、また…」

674: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:09:39 ID:61h
彡(゚)(゚)「今日も今日とて始めよか」

675: 名無しさん@おーぷん 2015/08/18(火)23:10:31 ID:VWD
いいゾ~これ

676: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:11:21 ID:61h
彡(゚)(゚)「今日は電気力線とかのあと、場という考え方からやな」

彡(゚)(゚)「場というものが何かはまだわからんと思うけど後で簡単に説明するで」

677: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:14:24 ID:61h
彡(゚)(゚)「ファラデーの電気力線とか磁力線ってものは、発見当時はあくまでも概念的なものやから数学的な扱いはされとらんかった」

彡(゚)(゚)「もちろん予測とかするんなら数学的な扱いができたほうが便利やから、数学的な扱いをするための研究がされたんやが…」

彡(-)(-)「なかなかうまく行かんかったんやな…」

彡(゚)(゚)「これに成功したのがマクスウェルさんや」

678: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:18:26 ID:61h
彡(゚)(゚)「マクスウェルさんは場という新しい考えを作ったんや」

彡(゚)(゚)「例を出して考えよか、クーロン力を考えるでクーロン力の式は以下の用になっとる」
F=k*q1*q2/r^2

彡(゚)(゚)「ここで新しく電場というものを定義するで、電場Eは以下の式で表されるんや」
E=k*q2/r^2

彡(゚)(゚)「こうすると式が簡単になって」
F=q2*E

彡(゚)(゚)「この電場はどういうものやろか考えるで」

679: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:22:21 ID:61h
彡(゚)(゚)「この電場っていうのはq2によって作られるものやな」

彡(゚)(゚)「クーロン力とはつまりある電荷がある電荷により生成された電場から受けた力の事やったんや」

彡(゚)(゚)「つまり空間に電場があって、その空間からから力を受けてると考えたんやな」

680: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:25:50 ID:61h
彡(゚)(゚)「この場という考え方をマクスウェルさんはいろいろな式にしたんや」

彡(-)(-)「ただ勘違いしやすいのはマクスウェルさんがつくった方程式はそこまで洗練されとらんかったんや…」

彡(゚)(゚)「この方程式のことをマクスウェル方程式というんやが、今の式にまとめあげたのはヘヴィサイドさんや」

彡(゚)(゚)「ヘヴィサイドさんは他にも演算子法っていう方法を作ったりしたんやが…今は関係ないな」

681: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:28:13 ID:61h
彡(゚)(゚)「まあ話を進めるわ、このマクスウェル方程式は磁気と電気に関することをうまく説明しとったんやが、ここでマクスウェルさんはあるものを予言するんや」

彡(゚)(゚)「それが電磁波やな」

彡(゚)(゚)「電磁波はマクスウェル方程式をとくことで発見されたんや」

682: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:31:17 ID:61h
彡(゚)(゚)「ただ当時の反応はよろしくなかったんや」

彡(゚)(゚)「理由としては真空中でも電流が流れたりすることを想定したりしとったからやな」

彡(゚)(゚)「まあ実験で発見されるまではやけどな」

683: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:34:44 ID:61h
彡(゚)(゚)「この電磁波を発見したのがヘルツさんや」

彡(゚)(゚)「ヘルツさんの実験は金属の輪を用意してその金属の輪に隙間を作る」

彡(゚)(゚)「んで別に2つの金属を用意しそれを少し空間が開くように置く」

彡(゚)(゚)「でその金属に高電圧をかけるってものや」

684: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:36:21 ID:61h
彡(゚)(゚)「するとこの金属の間には火花が散るんやが」

彡(゚)(゚)「金属の輪でもそれに釣られて火花が散ったんや」

彡(゚)(゚)「つまりこれは金属で発生した電磁波が輪の方に伝わり火花を散らせたってことやな」

685: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:39:00 ID:61h
彡(゚)(゚)「こうして今では必要不可欠な電磁波が発見されたんやな…」

彡(゚)(゚)「ただ実はここで重要な問題がひとつ発生したんや」

彡(゚)(゚)「それは 電 磁 波 の 座 標 の 取 り 扱 い や」

686: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:41:15 ID:61h
彡(゚)(゚)「実はマクスウェル方程式を解いて出てきた電磁波の速度は一定で光速なんやが」

彡(゚)(゚)「ニュートン力学では速度は座標軸で変わるんや」

彡(゚)(゚)「例えば立ってみる自動車の早さと自動車から見る自動車の早さの違いみたいなものやな」

彡(゚)(゚)「しかし電磁波はどんなのでも一定やから、ここで矛盾が生じたんや」

687: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:41:46 ID:61h
彡(゚)(゚)「じゃあどうするか」

彡(゚)(゚)「ここで皆大好きなあの御方がでるで」

688: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:42:00 ID:61h
彡(^)(^)「誰やと思う?」

689: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:43:35 ID:61h
彡(^)(^)「まあ大体予想ついとるやろな」

彡(゚)(゚)「そうアインシュタインさんや」

彡(゚)(゚)「まあここからの話は相対性理論の話になるな」

彡(^)(^)「電磁気学としてはここで一旦終了やな」

690: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:44:45 ID:61h
彡(゚)(゚)「次は相対性理論や量子力学とかいった現代物理学の話になるで」

691: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:45:41 ID:61h
彡()()「その前に統計力学忘れとるやんけ…」

692: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:45:53 ID:61h
彡(゚)(゚)「次は統計力学やな」

693: ◆hZARjKIhLU 2015/08/18(火)23:46:46 ID:61h
彡(゚)(゚)「まあ、今日はここまでにするで」

彡(゚)(゚)「どうせ次の時間も同じ時間やで」

彡(-)(-)「ほな…」