1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/24(日) 02:03:19.560 ID:RkEjEOJH0.net
    マジで全然理屈がわからん

    二重スリット実験
    二重スリット実験(にじゅうスリットじっけん)は、粒子と波動の二重性を典型的に示す実験。リチャード・P・ファインマンはこれを「量子力学の精髄」と呼んだ。ヤングの実験で使われた光の代わりに1個の電子を使ったものである。
    この実験は古典的な思考実験であった。実際の実験は1961年にテュービンゲン大学のクラウス・イェンソンが複数の電子で行ったのが最初であり、1回に1個の電子を用いての実験は1974年になってピエール・ジョルジョ・メルリらがミラノ大学で行った。1989年に技術の進歩を反映した追試を外村彰らが行なっている。
    2002年に、この実験はフィジックス・ワールド(英語版)の読者による投票で「最も美しい実験」に選ばれた








    引用元: ・量子力学の二重スリット実験が意味不明すぎて眠れない

    【量子力学の二重スリット実験が意味不明すぎて眠れない】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 10:59:11.36 ID:CAP_USER.net
    竹石涼子2016年4月26日07時18分
    保湿剤のワセリンをあらかじめ皮膚に塗ることで、アトピー性皮膚炎の発症を予防できる可能性があるとする論文を理化学研究所などのグループがまとめた。マウスによる実験だが、人でも似たしくみがある可能性があり、研究チームは「アトピー性皮膚炎になりやすいことが発症前にわかれば、予防につながるかもしれない」としている。

     理化学研究所研究嘱託の吉田尚弘医師らのグループが、25日付の米科学誌(電子版)に発表する。

     アトピー性皮膚炎を発症しやすくしたマウスを使い、発症の経過を調べた。生後8~12週で発症。その前から皮膚の角質がはがれやすくなるなど、皮膚を保湿し保護する機能が低下していることがわかった。

     一方で、発症前の生後4週から1日おきに、このマウスで一番最初に症状が出やすい耳の部分にワセリンを塗り続けたところ、保護機能が改善。炎症を起こす細胞が皮膚に集まるのを防ぎ、長期にわたって発症しなかったという。(竹石涼子)
    http://www.asahi.com/articles/ASJ4P6HSWJ4PULBJ01K.html



    引用元: ・【医学】 アトピー性皮膚炎、ワセリンで発症を予防できる可能性[2016/04/26]

    【【医学】 アトピー性皮膚炎、ワセリンで発症を予防できる可能性[2016/04/26]】の続きを読む

    このページのトップヘ